特許、特許分析を使った競合・経営分析なら、パテント・リザルト


  1. 特許分析、経営分析、競合調査のパテント・リザルト
  2. 特許ランキング
  3. 無料知財セミナー
  4. 特許分析ツール
  5. 特許分析レポート
  6. 会社概要

知財セミナー

出光興産がLG傘下の有機EL特許管理会社に出資、その背景を特許審査経過情報から読み解く


2010年06月15日

 出光興産は6月7日、LG傘下の有機EL特許管理会社グローバル オーレッド テクノロジー社(Global OLED Technology LLC、:GOT社)に約3割出資すると発表しました。GOT社の特許を確保し、次世代ディスプレイや照明用途として注目を集める有機EL事業の開発を強化する狙いがあるようです。そこで、出光興産の有機EL事業における競争力を、特許情報から調べてみました。

【自社分析:有機EL分野に大きな強み】

 まず、出光興産の注力分野を調べるため、同社が出願した全特許8,455件(※1)を、特許庁の技術分類であるテーマコードで分類しました。出願件数(円の大きさ)でみると、【4J002】「高分子組成物」が804件と最も多く、次いで【3K107】「エレクトロルミネッセンス光源」が541件、【4H104】「潤滑剤」が506件となっています。
 一方で、特許の注目度を得点化するパテントスコアを用いた評価では、総合力(縦軸:技術分類スコア)と個別力(横軸:技術分類最高スコア)で、エレクトロルミネッセンス光源が他を大きく引き離しています。このことから、同社が有機EL分野に非常に注力していることが分かります。

自社特許分析 出光興産

※自社保有特許の分析については「簡易コンサルA」をご参照ください。

【競合分析:LGとの連携で総合力はトップに】

 次に、この分野において他社との競争力を比較分析するため、筆頭テーマコードに【3K107】「エレクトロルミネッセンス光源」が付与された全22,012件(※1)について、参入企業の競合状況を可視化しました。
 これを見ると出光興産は、個別力(横軸:権利者最高スコア)で1位、総合力(縦軸:権利者スコア)で3位、出願件数(円の大きさ)で10位と、非常に高い競争力を持っていることが分かります。
 このことから、同社が注力している有機EL分野は、参入企業との相対的な比較においても注目度の高い技術領域となっていることが確認できます。
 さらに、LGグループと連携することで個別力とともに総合力も1位となり、競争力は一段と強化されると考えられます。

特許 競合分析 有機EL

※上記権利者スコアマップによる分析は、提携後のシミュレーションも含めてBiz Cruncherで作成可能です。

【権利化への意欲、他者牽制力が突出】

 同社が有機EL分野に強みを持っている背景を探るため、LGグループ、ソニー、住友化学グループを例にとり、特許審査経過情報の比較分析をしました。下図のように、出光興産は「自社権利化意欲」「他社牽制力」の両面で、積極的な取り組みが見られます。自社権利化意欲の面では、特に国際出願の割合が非常に高く、早期審査請求、不服審判の割合も他と大きく差を付けていることが分かります。また、他社牽制力の面では、特に「審査官引用:他社」(※2)、閲覧、異議審判の割合の高さが目立ちます。
 今回、出光興産がGOT社への出資を決めた背景には、こうした取り組みの中で、同分野における競争力をさらに強固なものにしようとする意気込みが感じられます。

特許経過情報 出光興産




※1:1993年1月から2010年4月までに公開されたものを対象とする。

※2:審査官が拒絶理由通知を発行するときに、他社の特許をつぶした回数が「審査官引用:他社」、自社の特許によって拒絶された回数が「審査官引用:自社」として分類している。


※特定技術分野における競合分析については「簡易コンサルB」をご参照ください。

 

※経営分析、競合調査、特許分析サービスに関する詳細は、
 「企業向け」「大学・研究機関向け」「金融機関向け」の各ページをご参照ください。

03-5802-6580

お問い合わせフォーム

採用情報
メルマガ会員登録
特許競争力ランキング
※弊社酷似データに関するご注意
Menu
Top
特許ランキング
Biz Cruncherとは?
受託特許分析
分野・企業別レポート
無料知財セミナー
ニュース
コラム
商品一覧
パテントスコア
企業の方へ
大学の方へ
金融機関の方へ
  • パテントスコア
  • ビズクランチャー
  • 特許用語集

特許分析のパテント・リザルト

特許分析のパテント・リザルト TEL:03-5802-6580
特許分析・経営分析関連のつぶやき特許分析・経営分析関連のFacebook

Copyright c Patent Result Co., Ltd.

ISMS