特許、特許分析を使った競合・経営分析なら、パテント・リザルト


  1. 特許分析、経営分析、競合調査のパテント・リザルト
  2. 特許ランキング
  3. 無料知財セミナー
  4. 特許分析ツール
  5. 特許分析レポート
  6. 会社概要

知財セミナー

2012年の情報提供回数トップ3はパナソニック、SANKYO、大王製紙


2013年02月20日

 弊社はこのほど、2012年の特許審査過程で情報提供を受けた回数を企業別に集計した「情報提供回数ランキング2012」をまとめました(注1)。情報提供とは、特許出願された発明の新規性・進歩性がないと疑われる場合に、審査官に対してその証拠となる情報を提供することができる制度で、多くの場合において該当する発明の権利化を阻止したい競合他社から起こされます。このため、情報提供件数が多いということは、「競合他社から脅威と思われる発明を多く出願している企業」とみなすことができます。

 集計の結果、2012年に最も情報提供を受けた回数が多い企業は、パナソニックの148回となりました。次いで、2位はSANKYOの133回、3位は大王製紙の115回となっています。


企業の技術競争力が瞬時に分かる
特許分析ツール「Biz Cruncher」とは?


   【2012年の情報提供回数ランキング 上位10】

順位 企業名 情報提供回数
1
パナソニック148
2
SANKYO133
3
大王製紙115
4
花王91
5
三菱化学82
6
日本触媒74
7
帝人73
8
日東電工72
9
ブリヂストン69
10
JX日鉱日石エネルギー64

 1位 パナソニックは、リチウムイオン2次電池やインターホン、浴槽などの分野で多く情報提供を受けています。高砂鉄工と共同出願の「金属板及びこれを用いたシステムキッチン(特許5122741)」は、これまでに7回情報提供されており、そのうち4回が2012年に起こされました。

 2位 SANKYOは、2012年に112件の公報に対して133回の情報提供を受けましたが、そのうち111件は現在も審査中となっており、1件はすでに権利化されています。権利化された公報は、「不正行為を防止できるスロットマシンに関する技術(特許5138264)」です。

 3位 大王製紙は、2012年に109件の公報に対して115回の情報提供を受けました。そのうち審査請求前の公報が54件、審査中の公報が52件、権利継続が3件と、審査請求前の公報に多く情報提供されているのが特徴的です。すでに権利化された公報には、「使い捨ておむつや生理用ナプキンなどに使う吸収性物質に関する技術(特許5085770)」などがあります。

 業種別には、化学業界における情報提供が最も多く、次いで「機械・造船」、「電気機器」、「繊維・紙・パルプ」となっています。



(注1)【集計について】
2012年12月までに公開されたすべての公報について、2012年1月から12月末までの期間に情報提供された公報を抽出し、企業別に件数を集計した。


本ランキングの詳細データを下記の通り、販売しています。

【情報提供回数ランキング2012 ご提供データ】

(1)ランキングトップ50
情報提供回数上位50社のランキング

(2)情報提供を受けた公報全5,649件の公報リスト
発明の名称、要約、請求項、ステータスなどの項目を含む

【価格】
50,000円(税抜)

【納品形態】
上記データを収録したCDを納品

その他、情報提供に関する特定企業の調査依頼なども承ります。


◆関連ニュース

簡易レポートお問い合わせフォーム

は必須項目です

お申込み内容

  • ご購入の際は以下にご住所、お電話番号、購入希望の商品名、数量などを明記ください。
お名前
所属組織
会社名
郵便番号
住所
部署/役職
メールアドレス
電話番号
- -
詳細・その他

03-5802-6580

お問い合わせフォーム

採用情報
メルマガ会員登録
特許競争力ランキング
Menu
Top
特許ランキング
Biz Cruncherとは?
受託特許分析
分野・企業別レポート
無料知財セミナー
ニュース
コラム
商品一覧
パテントスコア
企業の方へ
大学の方へ
金融機関の方へ
  • パテントスコア
  • ビズクランチャー
  • 特許用語集

特許分析のパテント・リザルト

特許分析のパテント・リザルト TEL:03-5802-6580
特許分析・経営分析関連のつぶやき特許分析・経営分析関連のFacebook

Copyright c Patent Result Co., Ltd.

ISMS