特許、特許分析を使った競合・経営分析なら、パテント・リザルト


  1. 特許分析、経営分析、競合調査のパテント・リザルト
  2. 特許ランキング
  3. 無料知財セミナー
  4. 特許分析ツール
  5. 特許分析レポート
  6. 会社概要

金融機関の方へ

IRだけではわからない、企業の本当の価値。
特許分析による客観的評価が、企業の将来性と信用力を物語ります。

アーリーステージの有望なベンチャー企業への投資や説得力の高いファンド運用をお考えの企業さま。

  • ・将来性豊かなベンチャー企業を発掘・投資したい。
  • ・資産運用ポートフォリオに組み込む銘柄を選定したい。
  • ・説得力のある資産運用プラン、報告書を作成したい。

パテント・リザルトの特許分析/技術力評価ツールは、投資対象企業が保有しているすべての特許技術の市場における注目度を客観的な数値に自動換算。 決算報告書には記載されない企業の潜在力を可視化することで、伸び頃の埋もれた優良企業を発掘します。
これまでは「直感」や「経験」に頼り切っていたスクリーニング作業に、はじめて万人が共有できる「ものさし」が誕生。 速度も説得力も、従来とは段違いに向上、ビジネススタイルを大きく変革します。

出願人スコアマップ/パテントスコアのレイティンググラフ

お客さまの声

有望なベンチャーと一口に言っても、これまではそれを見分ける指標がなかった。良くも悪くも個人の勘に頼っていた作業が、誰の目にも平等な、一律の数値基準で分散・評価できるようになったことは喜ばしい。(都市銀行・投融資部門)

特許の利権がビジネスの先行きを左右する現代においては、目先の決算報告よりも将来の成長性を指し示すパテントスコアの方が判断基準として有用なシーンが増えてくると思う。(証券会社・運用部門)

パテント・リザルトの客観的特許分析がIRとは異なる視点から企業の価値を測定します。

03-5835-5644

お問い合わせフォーム

マッチング性の高い有為なM&A、技術売却を積極的に仕掛けていきたいとお考えの企業さま。

  • ・株主や取引先も納得する、より良いM&Aを提案したい。
  • ・売主にも買主にも利益の大きい技術売却を提案したい。

こんなお悩みも、特許分析で解決!

パテント・リザルトの特許分析/技術力評価ツールを使えば、M&Aや技術売却の際もっとも効果的で、 お互いにメリットの多い対象企業を一瞬で選別。買主にも売主にも技術面から納得できるプロポーザルが可能になります。

お客さまの声

コストや期間がネックとなって実現しなかったM&A、技術移転が、従来よりもっとカジュアルな感覚で起草できるようになった。個社のみならず、日本のビジネスシーン全体が、大きく変わる契機となりそうだ。(証券会社・M&A部門)

技術売却の際、立場が低くなりがちだった売り側の企業も、自社の技術を正統に評価し、適切な金額で取引できるようになる。オープン・イノベーションの流れが、加速するのではないか。(投資銀行・技術売却部門)

取引先の信用状況を継続的に分析・管理・改善していきたいとお考えの企業さま。

  • ・融資先、売掛先企業の信用管理を積極的に行いたい。
  • ・新規信用供与先の与信リスク管理を高度化したい。

こんなお悩みも、特許分析で解決!

表面的な信用力が同じでも、特許に表象される技術力のある企業は、ヒストリカルにも信用力、成長力に大きな差が出ています。 パテント・リザルトの特許分析/技術力評価ツールを使えば、融資先企業の客観的な技術力評価が行えます。

お客さまの声

パテント・スコアに裏付けされた積極的な与信管理により、取引先企業からの信頼感が増しました。(都市銀行・投融資部門)

個別の企業の経営改善だけではなく、業界の動向を踏まえた上での、戦略的提案ができるようになりました。不要な特許の棄却に消極的な企業は多いですが、パテント・スコアの客観的数値は強力な説得材料になっています。(証券会社・管理部門)

パテント・リザルトの特許分析/技術力評価ツールが、ビジネスを変えます。
採用情報
メルマガ会員登録
特許競争力ランキング
Menu
Top
特許ランキング
Biz Cruncherとは?
受託特許分析
分野・企業別レポート
無料知財セミナー
ニュース
コラム
商品一覧
パテントスコア
企業の方へ
大学の方へ
金融機関の方へ
  • パテントスコア
  • ビズクランチャー
  • 特許用語集

特許分析のパテント・リザルト

特許分析のパテント・リザルト TEL:03-5835-5644
特許分析・経営分析関連のつぶやき特許分析・経営分析関連のFacebook

Copyright c Patent Result Co., Ltd.

ISMS