特許、特許分析を使った競合・経営分析なら、パテント・リザルト


  1. 特許分析、経営分析、競合調査のパテント・リザルト
  2. 特許ランキング
  3. 無料知財セミナー
  4. 特許分析ツール
  5. 特許分析レポート
  6. 会社概要
知財セミナー

EPO


EPOとは、欧州特許庁のことをいう。European Patent Officeの略。欧州各国への特許出願手続きを簡素化し、審査・権利付与までを一括して行うことを定めた1977年発効の「欧州特許条約(EPC)」に基づき、同年に創設された。本部はドイツのミュンヘン。先願主義を採用し、出願に際しては、英語、ドイツ語またはフランス語のいずれかの言語を選択する。EPOは、EPC締約国への権利付与を所掌するが、特許権の効力は、原則として各指定国の国内特許と同一であるため、無効審判や侵害訴訟は各国内で争われる。
 欧州特許庁(EPO)の加盟国(欧州特許条約の締約国)は以下の34か国。オーストリア、ベルギー、ブルガリア、スイス、クロアチア、キプロス、チェコ、ドイツ、デンマーク、エストニア、スペイン、フィンランド、フランス、イギリス、ギリシャ、ハンガリー、アイルランド、アイスランド、イタリア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルグ、ラトビア、マルタ、モナコ、オランダ、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、スウェーデン、スロベニア、スロバキア、トルコ(2006年8月現在)。

特許・知財関連のコラム

米アップルに6億ドルの賠償命令- 侵害された特許を持つ米バーネットX、特許情報から見たその実態
Amazonが買収したKiva Systems、特許情報から見たその実態
台湾企業2社が急成長!! タッチパネル特許戦国時代
Googleの特許力が激変! Motorola Mobility買収で
パテントスコアのすべてがわかる!Q&A

特許・知財関連のニュース

【電気機器】他社牽制力ランキング2019 トップ3はパナソニック、東芝、三菱電機
【日焼け止めファンデーション】特許総合力トップ3は資生堂、コーセー、信越化学
【機械・造船業界】他社牽制力ランキング2019 トップ3は三菱重工、ダイキン、豊田自動織機
【鉄鋼・非鉄金属・金属製品】他社牽制力ランキング2019 トップ3は住友電工、日本製鉄、日立金属
【ハウスメーカー】他社牽制力ランキング2019 トップ3はミサワホーム、積水ハウス、大和ハウス

EPOのその他の情報

EPOでサイト内検索。
EPOでニュース検索。
EPOをWikipediaで調べる。
採用情報
メルマガ会員登録
特許競争力ランキング

Menu
Top
特許ランキング
Biz Cruncherとは?
受託特許分析
分野・企業別レポート
無料知財セミナー
ニュース
コラム
商品一覧
パテントスコア
企業の方へ
大学の方へ
金融機関の方へ
  • パテントスコア
  • ビズクランチャー
  • 特許用語集

特許分析のパテント・リザルト

特許分析のパテント・リザルト TEL:03-5802-6580
特許分析・経営分析関連のつぶやき特許分析・経営分析関連のFacebook

Copyright c Patent Result Co., Ltd.

ISMS