特許、特許分析を使った競合・経営分析なら、パテント・リザルト


  1. 特許分析、経営分析、競合調査のパテント・リザルト
  2. 特許ランキング
  3. 無料知財セミナー
  4. 特許分析ツール
  5. 特許分析レポート
  6. 会社概要
知財セミナー

企業価値


企業価値とは、企業全体の価値を意味し、おおむね株式時価総額+負債によって求められる。財務会計(帳簿)上、企業の総資産額と負債・資本合計額はバランスしているため、株式時価総額と純資産の差額がオフ・バランスの資産の価値を示すと考えることができる。この【オフ・バランス資産】の価値は、株式時価総額が企業の株価と発行済株式数によって求められるものであるため、市場における企業の【オフ・バランス資産】の評価額であって絶対的なものではない。このため、企業の「正しい株価」はいくらなのかという命題が市場における最も重大なテーマである限り、仮に資産・負債における完全に公正なる時価会計処理が行われたとしても、【オフ・バランス資産】を適正に評価する必要があるという問題は未解決のまま残されることになる。
  一方、90年代、企業の収益が設備等の有形固定資産の規模によって決定される時代が終焉し、収益を最大化させる源泉がブランドや技術・ノウハウなどの知的資産に移行しつつあることが明らかとなるに従い、【企業価値】に占める【オフ・バランス資産】の割合が飛躍的に増大している。このことから、【企業価値】を高めるための経営戦略とは【オフ・バランス資産】の価値を高め、株主持分の価値の増大を実現する経営戦略を意味することになる。これは、労働者配分等を圧縮することによって株主配分を増大させるといった過去の資本主義的オペレーションへの回帰ではなく、知的資本価値の増大による収益力の最大化という新しい企業経営スタイルの構築を意味していると考えるべきものである。

特許・知財関連のコラム

米アップルに6億ドルの賠償命令- 侵害された特許を持つ米バーネットX、特許情報から見たその実態
Amazonが買収したKiva Systems、特許情報から見たその実態
台湾企業2社が急成長!! タッチパネル特許戦国時代
Googleの特許力が激変! Motorola Mobility買収で
パテントスコアのすべてがわかる!Q&A

特許・知財関連のニュース

【精密機器】他社牽制力ランキング2019 トップ3はキヤノン、セイコーエプソン、リコー
【電気機器】他社牽制力ランキング2019 トップ3はパナソニック、東芝、三菱電機
【日焼け止めファンデーション】特許総合力トップ3は資生堂、コーセー、信越化学
【機械・造船業界】他社牽制力ランキング2019 トップ3は三菱重工、ダイキン、豊田自動織機
【鉄鋼・非鉄金属・金属製品】他社牽制力ランキング2019 トップ3は住友電工、日本製鉄、日立金属

企業価値のその他の情報

企業価値でサイト内検索。
企業価値でニュース検索。
企業価値をWikipediaで調べる。
採用情報
メルマガ会員登録
特許競争力ランキング

Menu
Top
特許ランキング
Biz Cruncherとは?
受託特許分析
分野・企業別レポート
無料知財セミナー
ニュース
コラム
商品一覧
パテントスコア
企業の方へ
大学の方へ
金融機関の方へ
  • パテントスコア
  • ビズクランチャー
  • 特許用語集

特許分析のパテント・リザルト

特許分析のパテント・リザルト TEL:03-5802-6580
特許分析・経営分析関連のつぶやき特許分析・経営分析関連のFacebook

Copyright c Patent Result Co., Ltd.

ISMS