特許、特許分析を使った競合・経営分析なら、パテント・リザルト


  1. 特許分析、経営分析、競合調査のパテント・リザルト
  2. 特許ランキング
  3. 無料知財セミナー
  4. 特許分析ツール
  5. 特許分析レポート
  6. 会社概要
Webセミナー

CPC


 CPCとは、Cooperative Patent Classificationの略で、「共同特許分類」とも呼ばれ、欧州特許庁(EPO:European Patent Office)と米国特許商標庁(USPTO:United States Patent and Trademark Office)で共通に使われる特許分類体系のことである。2013年1月1日から発効された。


 従来、米国では米国独自の特許分類であるUSPC(US Patent Classification)が、欧州では欧州独自の特許分類であるECLA(European Classification)が採用されていたが、主要国間において異なる特許分類を国際標準化しようとする動きが高まり、両者の統一分類としてCPCの運用が決められた。


 その後、中国、韓国、さらにはヨーロッパ各国等もCPCの採用が決まっている。CPCの普及に伴い、日本の特許庁や、中国、韓国特許庁を含めた5大特許庁による実質的な国際共通ハイブリッド分類である「CHC(Common Hybrid Classification)」の実現に向けたプロジェクトは事実上終了した。


その他のCPC関連情報

Cooperative Patent Classification(CPC公式サイト)

CPC定義表(CPCスキーム、定義)

CPC、ECLA、IPCのコンコーダンス

特許・知財関連のコラム

米アップルに6億ドルの賠償命令- 侵害された特許を持つ米バーネットX、特許情報から見たその実態
Amazonが買収したKiva Systems、特許情報から見たその実態
台湾企業2社が急成長!! タッチパネル特許戦国時代
Googleの特許力が激変! Motorola Mobility買収で
パテントスコアのすべてがわかる!Q&A

特許・知財関連のニュース

【医薬品】他社牽制力ランキング2021 トップ3はMERCK、BAYER、ROCHE
【2022年度】ゴールデンウィーク 休業期間のお知らせ
【電動パワーステアリング】特許総合力トップ3は日本精工、日立Astemo、ジェイテクト
【米国:拡張現実(AR)/複合現実(MR)】特許総合力トップ3はMICROSOFT、MAGIC LEAP、SONY
日本経済新聞(2022年3月8日付)朝刊14面「AR・VR特許の特許競争力 マイクロソフト首位」に弊社提供のデータが掲載されました。

CPCのその他の情報

CPCでサイト内検索。
CPCでニュース検索。
CPCをWikipediaで調べる。
メルマガ会員登録

Menu
Top
特許ランキング
Biz Cruncherとは?
受託特許分析
分野・企業別レポート
無料知財セミナー
ニュース
コラム
商品一覧
パテントスコア
企業の方へ
大学の方へ
金融機関の方へ
  • パテントスコア
  • ビズクランチャー
  • 特許用語集

特許分析のパテント・リザルト

特許分析のパテント・リザルト TEL:03-5802-6580
特許分析・経営分析関連のつぶやき特許分析・経営分析関連のFacebook

Copyright c Patent Result Co., Ltd.

ISMS