特許、特許分析を使った競合・経営分析なら、パテント・リザルト


  1. 特許分析、経営分析、競合調査のパテント・リザルト
  2. 特許ランキング
  3. 無料知財セミナー
  4. 特許分析ツール
  5. 特許分析レポート
  6. 会社概要

知財セミナー

ボールペン関連技術 特許総合力ランキングトップ3はパイロット、三菱鉛筆、ぺんてる


2014年07月15日

 弊社はこのほど、日本に出願されたボールペン関連技術について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用い、参入企業に関する調査結果をまとめ、レポートの販売を開始しました。

 本調査は、パイロット社の「フリクションボール」やゼブラ社の「サラサ」など、さまざまな製品が発売され、現代の生活必需品であるボールペン関連技術について1993年から2014年5月末までに日本の特許庁で公開された特許5,439件を対象としています。特許の質と量から総合的に参入企業の競争力を見た「特許総合力ランキング(注1)」を集計した結果、1位 パイロット、2位 三菱鉛筆、3位 ぺんてるとなりました(表1、図1)。


    【ボールペン関連技術 特許総合力トップ5】(表1)

順位 企業名 総合力
(権利者スコア)
有効
特許件数
個別力
(最高スコア)
1
パイロットグループ1958.759183.0
2
三菱鉛筆1175.933473.2
3
ぺんてる584.225271.0
4
サクラクレパス554.19479.9
5
ゼブラ447.813276.2

     ※パイロット・・・パイロットコーポレーション及びパイロットインキを1社と見做して集計
ボールペン関連技術

図1:ボールペン関連技術 競合状況


 1位パイロットの注目度の高い特許には、「摩擦体を備えた可逆熱変色性インキを内蔵する筆記具」などが挙げられます。


 2位三菱鉛筆の注目度の高い特許には、「油性ボールペンリフィルにおいて、インク流量を少なくすることなく、ボールペンチップ内への紙巻き込みに伴う不具合を解消する技術」などが挙げられます。


 3位ぺんてるは、「書き出しの初筆かすれが少ないボールペン用油性インキ組成物」などが注目度の高い特許として挙げられます。


 そのほか、4位サクラクレパスは、「特に高い筆圧で筆記しても比較的容易に消すことができる水性インキ組成物」などが、5位ゼブラは、「ノックを押したり、キャップ外す等の操作が不要で、筆記時のみペン先が突出し、筆記具を放すとペン先が没入する筆記具」などが挙げられます。


 6位以下では、BIC(仏)、寿、オリエント、SANFORD(米)、ミクロ、三菱化学などの企業がそれぞれ上位にランクインしています。


ボールペン関連技術

図2:主要企業の経過情報比較



 図2は、総合力上位3社の有効特許(取下げ、拒絶査定、失効を除く出願件数)に関する審査経過情報を集計し、特に違いが見られた項目のみを纏めた結果です。各社の総合力を評価する際に利用している「パテントスコア」は、有効特許を対象として、個別特許の審査経過情報などを基に算出していることから、3社の総合力についての違いを検証する目的でBizCruncherに搭載されている「経過情報表」の一部を抜粋して整理しました。


 総特許出願件数では、三菱鉛筆が一番多いものの、既に失効となっている特許が多数含まれており、有効特許出願件数及び有効特許登録査定件数で比較するとパイロットが他の2社を大きく上回っています。


 また、パイロットの審査官引用【他社】回数(特許庁の審査官により、他社が出願した後発特許へ拒絶理由通知書を送る際に引用された回数)は、三菱鉛筆やぺんてるよりも圧倒的に多く、当該分野で審査を受ける際にパイロットの特許が他社の権利化の障害となっていることがわかります。


 次に情報提供で比較すると、パイロットの有効特許は三菱鉛筆やぺんてるよりも多数の情報提供が競合他社から特許庁に寄せられていることから、パイロットの権利化を阻もうとする動きが活発であることもわかります。


 最後にパイロットの有効特許に関する包袋閲覧は、三菱鉛筆やぺんてると比べて非常に多いことから、パイロットの審査過程の現状について多くの競合他社が注目していることもわかります。


 以上のことから、パイロットのボールペン関連技術は競合他社からの注目度が非常に高いことがわかります。


 本分析の詳細については、特許・技術調査レポート「ボールペン関連技術」にてご覧いただけます。

 

(注1):総合力の評価では、個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」を機関ごとに集計し、パテントスコアが50点以上のものを合算しています。50点以上のものだけを集計している理由は、パテントスコアが低くても特許件数が多いことによって総合力が上がってしまうことを防ぐためです。





【調査対象の特許群について】 1993年から2014年5月末までに公開された特許公報が対象。公開、登録、公表、再公表のすべてが対象で、登録と、公開・公表・再公表が重複している場合は、登録を優先。企業等の集計単位は権利者ベースとしています。


特許・技術調査レポート 『ボールペン関連技術』

参入企業の技術力と成長性を弊社アナリストが分かりやすく解説したレポートです。

【価格】
※個別企業分析の対象企業は、特許総合力上位企業または任意にご指定可能。


 

(注)レポートは弊社データベースにおける最新の収録範囲に基づき作成いたします。
そのため、ご発注のタイミングによっては上記ランキングと順位、値が異なる可能性があります。


【納品形態】
冊子1冊。CD-ROMにレポートのPDF、分析に使った特許公報リストCSVを収録。



特許総合力ランキングデータ 『ボールペン関連技術』

パテントスコアを用いた総合力評価や出願件数などに基づく各種ランキングデータのご提供です。

【収録データ】
  ・特許総合力ランキング_上位30社リスト
  ・有効特許件数ランキング_上位30社リスト
  ・開発規模(出願件数)ランキング_上位30社リスト
  ・競合状況分析マップ (権利者スコアマップ)
  ・母集団の公報リスト

サンプルデータはこちら(PDF)

 

【納品形態】
上記データを収録したCDで納品

【価格】
50,000円(税抜)



簡易レポートお問い合わせフォーム

は必須項目です

お申込み内容

  • ご購入の際は以下にご住所、お電話番号、購入希望の商品名、数量などを明記ください。
お名前
所属組織
会社名
郵便番号
住所
部署/役職
メールアドレス
電話番号
- -
詳細・その他

03-5802-6580

お問い合わせフォーム


特許分析のパテント・リザルト

特許分析のパテント・リザルト TEL:03-5802-6580
特許分析・経営分析関連のつぶやき特許分析・経営分析関連のFacebook

Copyright c Patent Result Co., Ltd.

ISMS