特許、特許分析を使った競合・経営分析なら、パテント・リザルト


  1. 特許分析、経営分析、競合調査のパテント・リザルト
  2. 特許ランキング
  3. 無料知財セミナー
  4. 特許分析ツール
  5. 特許分析レポート
  6. 会社概要

知財セミナー

機械・摺動部材へのDLCコーティング技術・部材、特許総合力トップ3は日産自動車、神戸製鋼、NTN


2015年10月19日

 弊社はこのほど、日本に出願された機械・摺動部材へのDLCコーティング技術・部材について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用いて参入企業に関する調査結果をまとめ、レポートの販売を開始しました。

 様々な機械部品で構成される製品、装置等において、部品間の接触部分に生じる摩擦力によりエネルギーロスが生じ、さらには摩耗によるロスも発生します。こうした摩擦力や摩耗を低減するため、主に潤滑油が用いられていますが、さらなる摩擦力、摩耗を低減させるため、硬質皮膜、特にダイヤモンドライクカーボン(DLC)被膜を用いる技術が注目されています。本調査では機械・摺動部材へのDLCコーティング技術及びDLCコーティングされた部材に関する特許を集計し、各個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」をベースとして、特許の質と量から総合的に見た評価を行いました。

 その結果、「総合力ランキング(※1)」では、1位日産自動車、2位神戸製鋼、3位NTNとなりました。




    【機械・摺動部材へのDLCコーティング技術・部材 特許総合力トップ5】(表1)

順位 企業名 総合力
(権利者スコア)
有効特許件数 個別力
(最高スコア)
1
日産自動車294.43879.6
2
神戸製鋼所169.32471.0
3
NTN144.92967.7
4
ジェイテクト127.03266.1
5
住友電気工業125.2977.2

機械・摺動部材へのDLCコーティング技術・部材

図1:機械・摺動部材へのDLCコーティング技術・部材 競合状況


 現在総合力1位であるトヨタ自動車は、2005年から2009年にかけて有効特許件数、権利者スコアがともに大きく上昇していますが、2010年以降有効特許件数は微減、権利者スコアは横ばいから微増となり、2014年から最新の状態にかけて再び大きく増加しています。2011年以降はNTN、本田技研工業の権利者スコアが大きく上昇し、トヨタ自動車に肉薄しています。このうち本田技研工業はNTNのような有効特許件数の大幅な増加がないものの、権利者スコアが大きく上昇しているという特徴があります。このほか、日産自動車の権利者スコアも増加傾向が続いており、トヨタ自動車の1強状態であった本分野の状況が直近ではその他の企業も含めて活発化してきたと言えます。


 図表2は、分析対象特許を代表的なコーティング方法である物理蒸着(PVD)と化学蒸着(CVD)の二つに分け、これらの出願割合を総合力上位5社について見たものです(※2)。

機械・摺動部材へのDLCコーティング技術・DLCコーティング部材

図2:総合力上位5社のDLCコーティング方法および部材の割合


 総合力上位企業はDLCコーティング方法としてPVDを用いることが多い中で、ジェイテクトはPVDよりもCVDの割合が非常に高くなっています。また、DLCコーティング部材に関する特許を含めて割合を見ると、NTN、ジェイテクトはDLCコーティング方法に関する特許の割合が他社に比べ少なく、DLCコーティング部材に関する特許が中心であることが分かります。著名なベアリングメーカーであるジェイテクト、NTNの2社の特許はこれらの結果から最終製品に近い技術に関するものが中心であると言えます。

 本分析の詳細については、特許・技術調査レポート「機械・摺動部材へのDLCコーティング技術・部材」にてご覧いただけます。

 

(※1)総合力の評価では、個別特許の注目度を得点化する、「パテントスコア」を企業や研究機関ごとに集計し、パテントスコアが50点以上のものを合算しています。50点以上のものだけを集計している理由は、パテントスコアが低くても特許件数が多いことによって総合力が上がってしまうことを防ぐためです。
(※2)コーティング方法に該当しない特許はDLCコーティングされた部材特許として集計しています。


【調査対象の特許群について】 1993年から最新2015年8月末までに公開された特許公報が対象。公開、登録、公表、再公表のすべてが対象で、登録と、公開・公表・再公表が重複している場合は、登録を優先。企業等の集計単位は権利者ベースとする。


特許・技術調査レポート 『機械・摺動部材へのDLCコーティング技術・部材』

参入企業の技術力と成長性を弊社アナリストが分かりやすく解説したレポートです。

【価格】
※個別企業分析の対象企業は、特許総合力上位企業または任意にご指定可能。


 

(注)レポートは弊社データベースにおける最新の収録範囲に基づき作成いたします。
そのため、ご発注のタイミングによっては上記ランキングと順位、値が異なる可能性があります。


【納品形態】
冊子1冊。CD-ROMにレポートのPDF、分析に使った特許公報リストCSVを収録。



特許総合力ランキングデータ 『機械・摺動部材へのDLCコーティング技術・部材』

パテントスコアを用いた総合力評価や出願件数などに基づく各種ランキングデータのご提供です。

【収録データ】
  ・特許総合力ランキング_上位30社リスト
  ・有効特許件数ランキング_上位30社リスト
  ・開発規模(出願件数)ランキング_上位30社リスト
  ・競合状況分析マップ (権利者スコアマップ)
  ・母集団の公報リスト

サンプルデータはこちら(PDF)

 

【納品形態】
上記データを収録したCDで納品

【価格】
50,000円(税抜)



簡易レポートお問い合わせフォーム

は必須項目です

お申込み内容

  • ご購入の際は以下にご住所、お電話番号、購入希望の商品名、数量などを明記ください。
お名前
所属組織
会社名
郵便番号
住所
部署/役職
メールアドレス
電話番号
- -
詳細・その他

03-5802-6580

お問い合わせフォーム

採用情報
メルマガ会員登録
特許競争力ランキング
Menu
Top
特許ランキング
Biz Cruncherとは?
受託特許分析
分野・企業別レポート
無料知財セミナー
ニュース
コラム
商品一覧
パテントスコア
企業の方へ
大学の方へ
金融機関の方へ
  • パテントスコア
  • ビズクランチャー
  • 特許用語集

特許分析のパテント・リザルト

特許分析のパテント・リザルト TEL:03-5802-6580
特許分析・経営分析関連のつぶやき特許分析・経営分析関連のFacebook

Copyright c Patent Result Co., Ltd.

ISMS