特許、特許分析を使った競合・経営分析なら、パテント・リザルト


  1. 特許分析、経営分析、競合調査のパテント・リザルト
  2. 特許ランキング
  3. 無料知財セミナー
  4. 特許分析ツール
  5. 特許分析レポート
  6. 会社概要

知財セミナー

リチウムイオン二次電池 セパレーター、特許総合力トップ3は東レ、LG CHEM(韓国)、住友化学


2017年04月19日

 弊社はこのほど、2017年2月末までに日本の特許庁に出願された「リチウムイオン二次電池用セパレーター」関連技術について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用い、参入企業に関する調査結果をまとめ、レポートの販売を開始しました。
 本レポートは、2010年9月15日にリリースした内容に、新たに出願・公開されたデータを加え再調査した結果となります。

 その結果、「総合力ランキング(※1)」では、1位東レ(※2)、2位LG CHEM、3位住友化学となりました。




    【リチウムイオン二次電池セパレーター 特許総合力トップ5】(表1)

順位 2010年順位 企業名 総合力
(権利者スコア)
有効特許件数 個別力
(最高スコア)
1
7(※3)
東レ1916.224185.5
2
8
住友化学1542.612282.1
3
5
LG CHEM1423.613885.5
4
1(※4)
旭化成1267.317780.2
5
2
帝人1109.89375.5

リチウムイオン二次電池セパレーター

図1:リチウムイオン二次電池セパレーター 競合状況1


 総合力1位の東レは、特に東レバッテリーセパレーターフィルム(以下東レBSF)名義の有効特許のうち、4分の1近くが総合力3位であるLG CHEMとの共同保有となっています。これらの特許はLG CHEMが単独で出願し、2015年10月に権利持分の50%が東レBSFに譲渡され、両社の共同保有となりました(※5)。両社については、2015年9月に東レBSFがLG CHEMの工場を買収という報道があり、この工場買収に合わせ、特許の権利についても持分譲渡があったものと考えられます。このことから、東レBSF、ひいては東レの総合力の高さはLG CHEMの寄与が大きいと言えます。東レの注目度が高い特許もLG CHEMとの共同保有で、熱収縮や短絡を抑制するためのコーティング技術に関する特許が挙げられます。


 総合力2位には住友化学が入っており、2010年の8位から順位を上げました。同社の注目度が高い特許として、セパレーターの空隙率に関する特許が挙げられます。


 総合力4位の旭化成は、子会社であるCELGARDを合算すると、総合力の順位が2位となります(図2)。



リチウムイオン二次電池セパレーター

図2:リチウムイオン二次電池セパレーター 競合状況2


 旭化成名義で注目度が高い特許として、膜厚、応力、強度といった物性値を規定したもの、CELGARD名義で注目度が高い特許として、セパレーター作成工程に関する特許が挙げられます。


 本分析の詳細については、特許・技術調査レポート「リチウムイオン二次電池 セパレーター」にてご覧いただけます。




(※1)総合力の評価では、個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」を企業や研究機関ごとに集計し、パテントスコアが50点以上のものを合算しています。50点以上のものだけを集計している理由は、パテントスコアが低くても特許件数が多いことによって総合力が上がってしまうことを防ぐためです。なお、権利の持分による合算方法の違いはありません。
(※2)東レについては、「東レ株式会社」及び2017年4月に合併した旧子会社の「東レバッテリーセパレーターフィルム株式会社(東レBSF)」を一つにまとめて集計しています。なお、東レBSFは元々東燃ゼネラル石油グループである東燃化学が行っていた事業でしたが、東レの出資により東レ東燃機能膜を設立、その後合弁が解消され、東レ単体の子会社となった企業です。
(※3)2010年における東燃化学名義での順位。
(※4)2010年における旭化成イーマテリアルズ名義での順位。なお、現在旭化成イーマテリアルズは旭化成本体に吸収され、それに合わせ2010年時点では旭化成イーマテリアルズ名義で有った特許も現在は旭化成名義になっています。
(※5)譲渡割合については、同じパテントファミリーの米国特許における権利移転情報を参照しています。


【調査対象の特許群について】 1993年から最新2017年2月末までに公開された特許公報が対象。公開、登録、公表、再公表のすべてが対象で、登録と、公開・公表・再公表が重複している場合は、登録を優先。企業等の集計単位は権利者ベースとする。


特許・技術調査レポート 『リチウムイオン二次電池セパレーター』

参入企業の技術力と成長性を弊社アナリストが分かりやすく解説したレポートです。

【価格】
※個別企業分析の対象企業は、特許総合力上位企業または任意にご指定可能。


 

(注)レポートは弊社データベースにおける最新の収録範囲に基づき作成いたします。
そのため、ご発注のタイミングによっては上記ランキングと順位、値が異なる可能性があります。


【納品形態】
冊子1冊。CD-ROMにレポートのPDF、分析に使った特許公報リストCSVを収録。



特許総合力ランキングデータ 『リチウムイオン二次電池セパレーター』

パテントスコアを用いた総合力評価や出願件数などに基づく各種ランキングデータのご提供です。

【収録データ】
  ・特許総合力ランキング_上位30社リスト
  ・有効特許件数ランキング_上位30社リスト
  ・開発規模(出願件数)ランキング_上位30社リスト
  ・競合状況分析マップ (権利者スコアマップ)
  ・母集団の公報リスト

サンプルデータはこちら(PDF)

 

【納品形態】
上記データを収録したCDで納品

【価格】
50,000円(税抜)



簡易レポートお問い合わせフォーム

は必須項目です

お申込み内容

  • ご購入の際は以下にご住所、お電話番号、購入希望の商品名、数量などを明記ください。
お名前
所属組織
会社名
郵便番号
住所
部署/役職
メールアドレス
電話番号
- -
詳細・その他

03-5802-6580

お問い合わせフォーム

採用情報
メルマガ会員登録
特許競争力ランキング
Menu
Top
特許ランキング
Biz Cruncherとは?
受託特許分析
分野・企業別レポート
無料知財セミナー
ニュース
コラム
商品一覧
パテントスコア
企業の方へ
大学の方へ
金融機関の方へ
  • パテントスコア
  • ビズクランチャー
  • 特許用語集

特許分析のパテント・リザルト

特許分析のパテント・リザルト TEL:03-5802-6580
特許分析・経営分析関連のつぶやき特許分析・経営分析関連のFacebook

Copyright c Patent Result Co., Ltd.

ISMS