投稿日:2016年11月04日

ポストする

【ハウスメーカー】特許資産規模ランキング トップ3はミサワホーム、大和ハウス工業、旭化成ホームズ

#建築土木・住宅設備

 弊社はこのほど、独自に分類した「ハウスメーカー」の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「ハウスメーカー 特許資産規模ランキング」をまとめました。2015年4月1日から2016年3月末までの1年間に登録された特許を対象に、個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」を用いた評価を行い、企業ごとに総合得点を集計しました。

 その結果、1位 ミサワホーム、2位 大和ハウス工業、3位 旭化成ホームズとなりました。


     【ハウスメーカー 特許資産規模ランキング2016】

順位 前年
順位
企業名 特許資産
規模
(pt)
特許
件数
1
1
ミサワホーム4,238.2122
2
4
大和ハウス工業3,042.093
3
3
旭化成ホームズ1,501.151
4
2
トヨタホーム1,299.758
5
5
積水ハウス1,071.334
      ※企業の合併などを考慮した、最新の名寄せ情報を用いて再計算しているため、前年順位は
      昨年度発表のものとは異なります。

 1位のミサワホームは、「住宅仕様を迅速に確定するための支援システム」や「種類を減らすことで工費の削減が可能なアンカーボルト」に関する技術などが注目度の高い特許として挙げられます。後者の技術は、日本以外に韓国への出願が見られます。

 2位の大和ハウス工業の注目度の高い特許には、「工業化率と、遮音性や耐火性を両立する連続住宅の界壁構造」や「多様な機器間の通信方式に対応する住宅用エネルギー管理システム」に関する技術などが挙げられます。これらの特許は共にPCT国際出願からの各国移行となっており、前者は現在日本のみ、後者は日本のほか中国へも移行されており、現在審査が進められています。

 3位の旭化成ホームズは、「輻射暖房や輻射冷房を行う、揺動可能な輻射パネル装置」や「視認性を配慮しつつ通風性を備える上下分割ドア」に関する技術などが注目度の高い特許として挙げられます。前者の技術はPCT国際出願により、日本のほか韓国、中国、台湾、欧州特許庁に出願されています。

【ランキングの集計について】

 特許資産の規模とは、企業が保有する特許(特許庁から特許登録が認められ、失効や権利放棄されていないもの)を「特許資産」としてとらえ、その総合力を判断するための指標です。特許1件ごとに注目度に基づくスコアを算出した上で、それに特許失効までの残存期間を掛け合わせ、企業ごとに合計得点を集計しています。注目度の算出には、特許の出願後の審査プロセスなどを記録化した経過情報などを用いています。

 経過情報には、出願人による権利化への意欲や、特許庁審査官による審査結果、競合他社によるけん制行為などのアクションが記録されており、これらのデータを指数化することで、出願人、審査官、競合他社の3者が、個々の特許にどれくらい注目しているかを客観的に評価することができます。

※本ランキングでは、権利移転を反映した集計を行っています。2016年9月末時点で権利を保有している企業の名義でランキングしているため、出願時と企業名 が異なる特許が含まれる可能性があります。
※前年の順位は、現在の権利者情報に基づき、2015年3月末時点のポイントを集計した結果です。
※業種は総務省の日本標準産業分類を参考に分類しています。


ハウスメーカー 特許資産規模ランキング お問い合わせフォーム

お申し込み内容
(複数選択可)
お名前
会社・組織名
部署/役職
  • 部署名
  • 役職名
メールアドレス

法人ドメインのメールアドレス以外(携帯メール・フリーメール等)のお申し込みや、同業他社様は、ご参加をお断りさせて頂きます。

電話番号
詳細・その他

個人情報の取り扱いにつきまして

  • お預かりいたしましたお客様の個人情報は、株式会社パテント・リザルトの営業活動、及び情報提供のために使わせていただく場合がございます。
  • これらの個人情報は適切な安全対策のもと管理し、原則としてお客さまの同意なく第三者へ開示・提供いたしません。

当社プライバシーポリシーのページはこちら

特許ランキング一覧を見る

当社のウェブサイトはサイトの利便性の向上および品質維持・向上を目的にCookieを使用します。
Cookieの設定は、いつでもご利用のブラウザの設定により変更いただけます。
Cookieの無効化等をせずに閲覧される場合は、弊社のウェブサイト上の全ページでCookieを受信することに同意したものとさせていただきます。