特許、特許分析を使った競合・経営分析なら、パテント・リザルト


  1. 特許分析、経営分析、競合調査のパテント・リザルト
  2. 特許ランキング
  3. 無料知財セミナー
  4. 特許分析ツール
  5. 特許分析レポート
  6. 会社概要

知財セミナー

Googleを訴えたOracleに課せられたタイムリミット


2010年10月08日
2010/10/12
株式会社 パテント・リザルト

OracleがGoogleのAndroidを特許侵害で訴えて2ヶ月。
OracleがSun買収で得た特許を、1年もたたずに「武器」へと転用した理由は何か?

Googleの反撃

10月4日、GoogleがOracleの特許訴訟を受けて答弁書を提出した。
この手続きから法的にはGoogleによる反撃が始まることになる。

Oracleが8月にGoogleを訴えた直後、Googleは広報を通じて明確な対決姿勢を打ち出した。
「これはGoogleとオープンソースのJAVAコミュニティに対する攻撃である」と言うのがGoogleの主張である。

その同じ時期から、すでにSun(現Oracle America)を離れたJAVA開発者からのコメントがメディアをにぎわすようになる。


James Goslingの憂鬱

今回Oracleが訴えに持ち出した特許は7件。

そのうちの1件が「JAVAの父」と呼ばれるJames Goslingの特許RE38,104だ。

すでにSunを離れている彼は「Oracleが持ち出した私の特許はたった一つだけだ。」と述べ、極力この問題からも遠ざかりたい意図を表明している。

しかし、Oracleの持ち出した7件の特許に関して、特許評価指標のパテントスコアを見てみると、James Goslingの意に反して、彼の特許はA- の高い評価を持つ。
圧倒的な存在感だ。

SUN_PATENT.png

彼の特許がこれほどの高評価を持つのには理由がある。

James Gosling の特許の重要性

彼の特許番号だけが"RE"という文字で始まっているのは、この特許が「再発行」という特殊な手続きを経ているせいだ。

この「再発行」手続きは、一度出願した特許内容に補正、追加を行った第二の特許を出願するものである。
そうして内容を後付けできる代わりに、第二の特許の寿命は最初の特許と同時に終了し、通常よりも期間が短くなる。

SUN_KIKAN.png

92年、まさにJAVAの前身の言語Oakが発表された年、James Goslingは、プログラム内でデータを効率よく保持・参照するための方式を、第一の特許として出願する。

その後JAVAは順調に普及。98年にはJAVA2もリリースされ、あらゆるWebブラウザ上でも動くようにまでなる。

翌年99年、彼の特許は、この方式のプログラムを保持する機器、ソフトウェア製品、記録メディア等々をカバーするように、具体的かつ広範囲に拡張されて再発行された。

現時点で、彼のこの特許はSun Microsystemsが持つ「プログラムコードの変換」分野の特許288件中で、最高のパテントスコアを持つに至っている。


この事実だけからしても、Sun Microsystemsが、彼の特許にいかに本気であったかが伺える。

IBMの悪夢

80年代~90年代にかけて、Sun MicrosystemsはIBMに特許侵害で煮え湯を飲まされた過去がある。

82年設立のSunは、独自にRISCアーキテクチャのプロセッサSPARCを開発。数年後にはワークステーション分野で世界有数の企業に成長していた。

しかし、88年7月、コンピューターの重鎮IBMがRISCアーキテクチャの特許侵害で業界他社を訴えると発表。

SUN_NEWS.png
当時のニュース(Info World, July 4, 1988)

90年にはSunがRISCアーキテクチャの侵害に関係して、IBMとのクロスライセンスに応じると発表。
しかし、James Goslingによる「そのペナルティは甚大であった。」という発言以外に、その詳細に関する情報は見つかっていない。

SunがJames Goslingの特許を着々と育て保護してきた背景には、こうした苦い経験への反省があったのは間違いない。

特許の寿命はもうすぐ

James Gosling の特許は来年2011年を持って権利期間が切れる。

Oracleにとってこれは非常に重要なポイントである。

権利期間にある特許が侵害された場合、最悪のケースでは裁判所が「仮差止命令」「終局的差止命令」などを出すことが可能である。

この場合、GoogleのAndroidの普及を「仮に」でもストップさせる事ができるため、Googleにとってはひじょうにやっかいな事となる。

逆に、寿命が切れた場合は、「過去の損害賠償金の請求」がOracleにできる限度であり、それでは特許の「武器」としての効果は半減以下である。

Oracleが2010年1月末にSunの買収を完了させ、そのわずか半年弱でGoogleへの特許訴訟へと踏み切った事には、この特許の寿命が確実に影響しているであろう。

IBMがSunを打ち負かしたのは、インターネット黎明期であった。 しかし今はあらゆる人々の感情が世界中に伝播しうる時代である。

Oracleの特許訴訟がOracleに最終的な利益をもたらすかどうかは、今後のGoogleのふんばりと、それを取り巻く我々のOracleへの評価しだいと言えよう。



パテントスコアトップ50のご案内

記事にもありますように、パテントスコアはライバル企業の要注意特許の検出に効果的です。

そこで、2010年12月31日までの期間限定キャンペーンとして、ご指定の企業のパテントスコア上位50件を提供いたします。

企業名と、日米いずれの特許を対象とするかをお書き添えの上、以下のフォームからお問い合わせください。


通常は1企業の全ての特許のパテントスコアを入手しなければこのような上位50のリストは作成できないため、今回のパテントスコア上位50件を厳選してご提供するのは、本コラムをご覧になった方だけの特別サービスとなっています。
この機会に是非ご検討ください。


【価格】  50,000円(税抜)
【納期】  3営業日
【納品形態】  CSVファイルデータ、またはそれを格納したCD-ROM。
【収録内容】 ご指定の企業の日米いずれかご指定の国の特許のパテントスコア上位50の特許リスト。

パテントスコアトップ50お申し込み・お問い合わせフォーム

は必須項目です

お名前
所属組織
会社名
部署/役職
メールアドレス
電話番号
- -
お申込み内容

詳細・その他 購入または購入ご検討の対象企業名、日本国特許・米国特許いずれかをお書き添えください。

 

※経営分析、競合調査、特許分析サービスに関する詳細は、
 「企業向け」「大学・研究機関向け」「金融機関向け」の各ページをご参照ください。

03-5802-6580

お問い合わせフォーム

採用情報
メルマガ会員登録
特許競争力ランキング
※弊社酷似データに関するご注意
Menu
Top
特許ランキング
Biz Cruncherとは?
受託特許分析
分野・企業別レポート
無料知財セミナー
ニュース
コラム
商品一覧
パテントスコア
企業の方へ
大学の方へ
金融機関の方へ
  • パテントスコア
  • ビズクランチャー
  • 特許用語集

特許分析のパテント・リザルト

特許分析のパテント・リザルト TEL:03-5802-6580
特許分析・経営分析関連のつぶやき特許分析・経営分析関連のFacebook

Copyright c Patent Result Co., Ltd.

ISMS