特許、特許分析を使った競合・経営分析なら、パテント・リザルト


  1. 特許分析、経営分析、競合調査のパテント・リザルト
  2. 特許ランキング
  3. 無料知財セミナー
  4. 特許分析ツール
  5. 特許分析レポート
  6. 会社概要

電子部品・電子機器・電子材料

【電気機器】特許資産規模ランキング、トップ3は三菱電機、パナソニック、QUALCOMM
 弊社はこのほど、独自に分類した「電気機器」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「電気機器業界 特許資産規模ランキング」をまとめました。2017年4月1日から2018年3月末までの1年間に登録された特許を対象に、 ...
続きを読む
レーザー加工技術 特許総合力ランキングトップ3は浜松ホトニクス、ディスコ、三菱電機
 弊社はこのほど、2018年7月5日までに日本の特許庁に出願されたレーザー加工技術について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用い、参入企業に関する調査結果をまとめ、レポートの販売を開始しました。  レーザー加工技術にはレーザー光の優れ ...
続きを読む
【電気機器業界】他社牽制力ランキング2017 トップ3はパナソニック、東芝、日立製作所
 株式会社パテント・リザルトはこのほど、独自に分類した電気機器業界の企業を対象に、2017年の特許審査過程において他社特許への拒絶理由として引用された件数を企業別に集計した「電気機器業界 他社牽制力ランキング2017」をまとめました。この集計により ...
続きを読む
【電気機器】特許資産規模ランキング、トップ3は三菱電機、パナソニック、QUALCOMM
 弊社はこのほど、独自に分類した「電気機器」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「電気機器業界 特許資産規模ランキング」をまとめました。2016年4月1日から2017年3月末までの1年間に登録された特許を対象に、 ...
続きを読む
産業用/高知能ロボットの人工知能関連技術、特許総合力トップ3はファナック、本田技研工業、SOFTBANK ROBOTICS EUROPE
 弊社はこのほど、日本の特許庁に出願された「産業用/高知能ロボットの人工知能関連技術」について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用い、参入企業に関する調査結果をまとめ、レポートの販売を開始しました。  近年、人とコミュニケーションが行 ...
続きを読む
【電気機器業界】他社牽制力ランキング2016トップ3はパナソニック、東芝、日立製作所
 弊社はこのほど、独自に分類した電気機器業界の企業を対象に、2016年の特許審査過程において他社特許への拒絶理由として引用された件数を企業別に集計した「電気機器業界 他社牽制力ランキング2016」をまとめました。この集計により、直近の技術開発におい ...
続きを読む
リチウムイオン二次電池 セパレーター、特許総合力トップ3は東レ、LG CHEM(韓国)、住友化学
 弊社はこのほど、2017年2月末までに日本の特許庁に出願された「リチウムイオン二次電池用セパレーター」関連技術について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用い、参入企業に関する調査結果をまとめ、レポートの販売を開始しました。  本レポ ...
続きを読む
【米国】リチウムイオン二次電池 酸化物系負極、特許総合力トップ3は東芝、MEDTRONIC、SAMSUNG SDI
 弊社はこのほど、日本特許版に引き続き、米国に出願されたリチウムチタン酸(LTO)を中心とする「リチウムイオン二次電池用酸化物系負極関連技術」について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用い、参入企業に関する調査結果をまとめ、レポートの ...
続きを読む
リチウムイオン二次電池 酸化物系負極、特許総合力トップ3は東芝、LG CHEM(韓国)、石原産業
 弊社はこのほど、2016年10月末までに日本の特許庁に出願されたリチウムチタン酸(LTO)を中心とする「リチウムイオン二次電池用酸化物負極関連技術」について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用い、参入企業に関する調査結果をまとめ、レ ...
続きを読む
【電気機器】特許資産規模ランキング2016、トップ3は三菱電機、パナソニック、東芝
 弊社はこのほど、独自に分類した「電気機器」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「電気機器業界 特許資産規模ランキング」をまとめました。2015年4月1日から2016年3月末までの1年間に登録された特許を対象に、 ...
続きを読む
【電気機器業界】他社牽制力ランキング2015トップ3はパナソニック、東芝、日立製作所
 弊社はこのほど、独自に分類した電気機器業界の企業を対象に、2015年の特許審査過程において他社特許への拒絶理由として引用された件数を企業別に集計した「電気機器業界 他社牽制力ランキング2015」をまとめました(※)。この集計により、直近の技術開発 ...
続きを読む
高圧放電(HID)ランプ関連技術 特許総合力ランキングトップ3はパナソニック、ウシオ電機、セイコーエプソン
 弊社はこのほど、日本に出願された高圧放電(HID)ランプ関連技術について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用い、参入企業に関する調査結果をまとめ、レポートの販売を開始しました。  本調査では、メタルハライドランプや高圧ナトリウムラン ...
続きを読む
【電気機器】特許資産規模ランキング2015、トップ3は三菱電機、パナソニック、東芝
 弊社はこのほど、独自に分類した「電気機器」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「電気機器業界 特許資産規模ランキング」をまとめました。2014年4月1日から2015年3月末までの1年間に登録された特許を対象に、 ...
続きを読む
CMP用研磨剤関連技術、特許総合力トップ3は日立化成、米・CABOT、フジミインコーポレーテッド
 弊社はこのほど、日本に出願されたCMP用研磨剤について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用いて参入企業に関する調査結果をまとめ、レポートの販売を開始しました。  CMP(化学機械研磨)は化学的作用を用いることで機械的研磨の効果を増大 ...
続きを読む
CMP用研磨パッド関連技術、特許総合力トップ3は東洋ゴム工業、米・APPLIED MATERIALS、米・ROHM AND HAAS
 弊社はこのほど、日本に出願されたCMP用研磨パッド関連技術について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用いて参入企業に関する調査結果をまとめ、レポートの販売を開始しました。  CMP(化学機械研磨)は研磨パッドを動かすことにより、スラ ...
続きを読む
CMP関連技術、特許総合力トップ2は米・APPLIED MATERIALS、荏原
 弊社はこのほど、日本に出願されたCMP関連技術(※1)について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用いて参入企業に関する調査結果をまとめ、レポートの販売を開始しました。  CMP(化学機械研磨)は、半導体プロセスにおけるウェハー平坦化 ...
続きを読む
電気脱イオン装置関連技術 特許総合力ランキングトップ3はオルガノ、栗田工業、GENERAL ELECTRIC
 弊社はこのほど、日本に出願された電気脱イオン装置関連技術について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用い、参入企業に関する調査結果をまとめ、レポートの販売を開始しました。  本調査では、薬剤によるイオン交換体の再生が不要で、連続運転に ...
続きを読む
自走・ロボット式掃除機関連技術、特許総合力トップ3は米・iROBOT、シャープ、英・DYSON
 弊社はこのほど、日本に出願された自走・ロボット型掃除機関連技術について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用いて参入企業に関する調査結果をまとめ、レポートの販売を開始しました。  日本市場におけるロボットタイプの自走式掃除機はiROB ...
続きを読む
【電気機器業界】他社牽制力ランキング2014トップ3はパナソニック、東芝、日立製作所
 弊社はこのほど、独自に分類した電気機器業界の企業を対象に、2014年の特許審査過程において他社特許への拒絶理由として引用された件数を企業別に集計した「電気機器業界 他社牽制力ランキング2014」をまとめました(※)。この集計により、直近の技術開発 ...
続きを読む
スパッタリング装置関連技術、特許総合力トップ3はキヤノンアネルバ、米・APPLIED MATERIALS、アルバック
 弊社はこのほど、日本に出願されたスパッタリング装置関連技術(※1)について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用いて参入企業に関する調査結果をまとめ、レポートの販売を開始しました。  スパッタリングは薄膜製造技術の一つとして半導体やデ ...
続きを読む
液晶配向膜関連技術 特許総合力ランキングトップ3はJSR、日産化学工業、シャープ
 弊社はこのほど、日本に出願された有機材料からなる液晶配向膜関連技術について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用い、参入企業に関する調査結果をまとめ、レポートの販売を開始しました。  本調査では、液晶ディスプレイの部材の1つである液晶 ...
続きを読む
新興市場上場企業【電気機器】業界 特許資産規模ランキング2014、トップ3はオンキヨー、ミマキエンジニアリング、日本マイクロニクス
 弊社はこのほど、東証マザーズ、ジャスダックに上場する電気機器業界の企業を対象に、特許資産を質と量の両面から総合評価する「新興市場 特許資産規模ランキング2014【電気機器】」をまとめました。2014年3月末までに公開された日本の特許庁に登録されて ...
続きを読む
【電気機器】特許資産規模ランキング2014、トップ3はパナソニック、三菱電機、東芝
 弊社はこのほど、独自に分類した「電気機器」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「電気機器業界 特許資産規模ランキング2014」をまとめました。2013年4月1日から2014年3月末までの1年間に登録された特許を ...
続きを読む
【全業種】特許資産規模ランキング2014、トップ3はパナソニック、三菱電機、トヨタ自動車
 弊社はこのほど、独自に分類した「全業種」の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「全業種 特許資産規模ランキング2014」をまとめました。2013年4月1日から2014年3月末までの1年間に登録された特許を対象に、個別 ...
続きを読む
スマートフォン等による電子デバイス管理技術、特許総合力ランキングトップ3はパナソニック、シャープ、オプティム
 近年、スマートフォンなどの携帯端末を用い、家電や電子機器を制御・管理する技術の開発が進められています。そこで、弊社は、「スマートフォン等による電子デバイス管理関連技術」について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用い、参入企業に関する ...
続きを読む
金属空気電池関連技術 特許総合力ランキングトップ3は本田技研工業、EVEREADY BATTERY、トヨタ自動車
 弊社はこのほど、国内に出願された金属空気電池関連技術について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用いて参入企業に関する調査結果をまとめ、レポートの販売を開始しました。  金属空気電池とは、正極の反応材料に空気中の酸素、負極の反応材料に ...
続きを読む
日本版バイ・ドール関連特許 特許総合力ランキングトップ3はNEC、産業技術総合研究所、日立製作所
 弊社はこのほど、国内に出願された日本版バイ・ドール関連特許(注1)について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用いて参入企業に関する調査結果をまとめ, レポートの販売を開始しました。  日本版バイ・ドール制度とは、各省庁の委託研究開発 ...
続きを読む
【米国】デプスセンサ関連技術、特許総合力トップ3はMICROSOFT、ソニー、APPLE
 弊社はこのほど、米国特許商標庁に出願されたデプスセンサ関連技術について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用い、参入企業に関する調査結果をまとめ、レポートの販売を開始しました。  MICROSOFTが2010年に発売したXbox360 ...
続きを読む
【電気機器業界】他社牽制力ランキング2013トップ3はパナソニック、東芝、日立製作所
 弊社はこのほど、独自に分類した電気機器業界の企業を対象に、2013年の特許審査過程において他社特許への拒絶理由として引用された件数を企業別に集計した「電気機器業界 他社牽制力ランキング2013」をまとめました(※)。この集計により、直近の技術開発 ...
続きを読む
ヘッドアップディスプレイ関連技術 特許総合力トップ3はパイオニア、デンソー、東芝
 弊社はこのほど、日本に出願されたヘッドアップディスプレイ関連技術について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用いて参入企業に関する調査結果をまとめ、レポートの販売を開始しました。  ヘッドアップディスプレイは、フロントガラスまたはフロ ...
続きを読む
電解コンデンサー関連技術、特許総合力トップ3はパナソニック、昭和電工、日本ケミコン
 弊社はこのほど、日本に出願された電解コンデンサー関連技術について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用いて参入企業に関する調査結果をまとめ、レポートの販売を開始しました。  コンデンサーはさまざまな電気回路において欠かせない部品となっ ...
続きを読む
新興市場上場企業【電気機器】業界 特許資産規模ランキング2013、トップ3はシーシーエス、日本マイクロニクス、精工技研
 弊社はこのほど、東証マザーズ、ジャスダックに上場する電気機器業界の企業を対象に、特許資産を質と量の両面から総合評価する「新興市場 特許資産規模ランキング2013【電気機器】」をまとめました。2013年3月末までに公開された日本の特許庁に登録されて ...
続きを読む
【電気機器】特許資産規模ランキング2013、トップ3はパナソニック、東芝、三菱電機
 弊社はこのほど、独自に分類した「電気機器」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「電気機器業界 特許資産規模ランキング2013」をまとめました。2012年4月1日から2013年3月末までの1年間に登録された特許を ...
続きを読む
電子書籍関連技術 特許総合力ランキングトップ3は半導体エネルギー研究所、シャープ、セイコーエプソン ―アマゾンは2008年の76位から8位に躍進
 スマートフォンやタブレット端末の普及に伴い、電子機器を使って著作物を閲覧・販売する「電子書籍」の市場が拡大しています。インターネットメディア総合研究所の調査結果によると2012年度の電子書籍市場は前年比15.9%増の729億円に拡大し、2017 ...
続きを読む
【米国】燃料電池関連技術の特許総合力、トップ3はGM、トヨタ、ホンダ
※2013年7月3日付 日本経済新聞 朝刊3面に掲載されました  弊社はこのほど、米国における燃料電池分野について、参入企業の競争力に関する調査を行いました。今回の調査は2011年7月に実施した調査に続くもので、1980年から2013年5月末までに ...
続きを読む
レーザーマーキング加工技術 特許総合力ランキングトップ3はキーエンス、日本カラリング、パナソニックデバイスSUNX
 レーザーマーキングは、レーザー照射により材料表面層を除去して文字やデザインを印字する加工技術で、金属、樹脂、ガラスなど幅広い素材で使用されています。このたび弊社は、レーザーマーキング加工技術に着目し、参入企業の競争力に関する調査を行いました。19 ...
続きを読む
直近3年の無効審判回数、トップ3は日亜化学工業、三洋電機、ジェムスターTVガイド
 弊社はこのほど、2010年1月から2012年12月までに無効審判を受けた回数を企業別に集計した「直近3年 無効審判回数ランキング」をまとめました(注1)。無効審判は、特許庁において登録されている特許に対し、その特許性が疑わしいと思われる場合に、 ...
続きを読む
2012年の情報提供回数トップ3はパナソニック、SANKYO、大王製紙
 弊社はこのほど、2012年の特許審査過程で情報提供を受けた回数を企業別に集計した「情報提供回数ランキング2012」をまとめました(注1)。情報提供とは、特許出願された発明の新規性・進歩性がないと疑われる場合に、審査官に対してその証拠となる情報を ...
続きを読む
【米国】太陽電池セル関連技術 特許総合力ランキングトップ3はEMCORE SOLAR POWER INC、SOLOPOWER INC、NANOSOLAR INC
 弊社はこのほど、2013年1月から欧米にて本格運用が始まった「共同特許分類(CPC)」を用い、米国における太陽電池セル分野について、参入企業の競争力に関する調査をまとめました。  1980年から2012年12月末までに米国特許商標庁で公開された ...
続きを読む
【米国】燃料電池の電解質関連技術 特許総合力ランキングトップ3はSAMSUNG SDI、東芝、パナソニック
 弊社はこのほど、2013年1月から欧米にて本格運用が始まった「共同特許分類(CPC)」を用い、米国における燃料電池の電解質分野について、参入企業の競争力に関する調査をまとめました。  1980年から2012年12月末までに米国特許商標庁で公開さ ...
続きを読む
マイクロ流体デバイス関連技術、特許総合力トップ3は島津製作所、パナソニック、GYROS(スウェーデン)
 弊社はこのほど、日本に出願されたマイクロ流体デバイス関連技術について、参入企業に関する調査結果をまとめました。  マイクロ流体デバイスは、微細加工技術によってチップ上に微小な流路や反応室等を設け、微量の流体でも分析できるようにしたもので、μ-TA ...
続きを読む
3次元造形関連技術、特許総合力トップ3は米・3D Systems、独・EOS、パナソニック電工
 弊社はこのほど、日本に出願された3次元造形関連技術について、参入企業に関する調査結果をまとめました。  3次元造形技術はラピッドプロトタイピングとも呼ばれ、光硬化性樹脂や熱可塑性樹脂を用いた、文字通り「迅速に試作」することを目的とした技術です。近 ...
続きを読む
2012年に最も引用された公報は、NECの有機EL関連特許
 弊社はこのほど、2012年の特許審査過程において他社特許の拒絶理由通知に引用された件数を集計した「個別公報 他社特許拒絶件数ランキング2012」をまとめました。この集計により、直近の技術開発において各社が権利化する際の阻害要因となる特許が分かり ...
続きを読む
ナノインプリント関連技術、特許総合力トップ3は東芝、米・Molecular Imprints、キヤノン
 弊社はこのほど、日本に出願されたナノインプリント関連技術について、参入企業に関する調査結果をまとめました。  ナノインプリントとは、モールド(スタンパー、テンプレート)を樹脂に押しつけ、モールド上に形成されたパターンを樹脂に転写する技術で、199 ...
続きを読む
【電気機器】特許資産規模ランキング2012、トップ3はパナソニック、東芝、三菱電機
 弊社はこのほど、独自に分類した「電気機器」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「電気機器業界 特許資産規模ランキング2012」をまとめました。2011年4月1日から2012年3月末までの1年間に登録された特許を ...
続きを読む
新興市場上場企業、【電気機器】業界の特許資産規模ランキング2012、トップ3はレーザーテック、CCS、日本マイクロニクス
 弊社はこのほど、東証マザーズ、ジャスダックに上場する電気機器業界の企業を対象に、特許資産を質と量の両面から総合評価する「新興市場 特許資産規模ランキング2012【電気機器】」をまとめました。 2012年3月末までに公開された日本の特許庁に登録され ...
続きを読む
他社からの米国特許取得数、1位はGoogle、6位にはFACEBOOK
 弊社はこのほど、米国において企業が他社から取得した特許件数を集計した「米国 他社からの特許取得件数ランキング」をまとめました。今回の調査では、2011年1月から2012年4月末までの期間に、米国特許商標庁において出願時点から名義が変更された特許を ...
続きを読む
リニアモータ関連技術 特許総合力ランキング トップ3は安川電機、パナソニック、THK
 弊社はこのほど、リニアモータ関連技術について競合分析を行い、参入企業に関する調査結果をまとめました。  1993年から2012年3月末までに日本の特許庁から公開された関連特許4,781件を対象に、個別特許スコアリング指標「パテントスコア」によ ...
続きを読む
放射線検出器関連技術 特許総合力ランキング トップ3はキヤノン、浜松ホトニクス、東芝 ~直近5年間ではコニカミノルタエムジーが大躍進~
 弊社はこのほど、シンチレータを用いた放射線検出器関連技術について競合分析を行い、参入企業に関する調査結果をまとめました。  1993年から2012年2月末までに日本の特許庁で公開された関連特許4,776件を対象に、個別特許スコアリング指標「パテ ...
続きを読む
非接触給電関連技術 特許総合力トップ3は セイコーエプソン、Access Business Group、トヨタ自動車
 弊社はこのほど、米国特許に引き続き、日本に出願された非接触給電関連技術について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用いて参入企業に関する調査結果をまとめました。  日本における非接触給電技術は、モバイル製品や家電用途などで、2000年 ...
続きを読む
【米国】非接触給電関連技術 特許総合力トップ3はAccess Business Group、MIT、Qualcomm
 弊社はこのほど、米国特許における非接触給電関連技術について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用いて参入企業に関する調査結果をまとめました。  非接触給電技術はWPC(Wireless Power Consortium)という業界団体 ...
続きを読む
有機EL 成膜技術(ドライプロセス) 特許総合力ランキング トップはSamsung Mobile Display 直近5年間ではアルバック、富士フイルムが躍進
 有機ELディスプレイは、液晶に代わる次世代ディスプレイとして有望視されており、近年、スマートフォンを筆頭にタブレット端末、デジカメなどに採用され、急速に普及し始めています。現在、市場に流通している有機ELディスプレイの成膜では主に低分子の発光材 ...
続きを読む
有機EL 成膜技術(ウェットプロセス) 特許総合力ランキング 直近5年間ではコニカミノルタHDが大躍進
 有機ELディスプレイは、液晶に代わる次世代ディスプレイとして有望視されており、近年、スマートフォンを筆頭にタブレット端末、デジカメなどに採用され、急速に普及し始めています。スマートフォン等に利用されている有機ELディスプレイの成膜では主に低分子 ...
続きを読む
有機EL 低分子発光材料 特許総合力ランキング トップは出光興産、直近5年では富士フイルム、コニカミノルタが躍進
 有機ELディスプレイは、液晶に代わる次世代ディスプレイとして有望視されており、近年、スマートフォンを筆頭にタブレット端末、デジカメなどに採用され、急速に普及し始めています。 現在、流通している有機ELディスプレイの中核素材である発光材料は、低分 ...
続きを読む
有機EL 高分子発光材料 特許総合力ランキング 上位2社は住化グループ、直近5年間ではコニカミノルタが躍進
 有機ELディスプレイは、液晶に代わる次世代ディスプレイとして有望視されており、韓国のLG電子、サムスンなどが、2012年後半には日本で大型の有機ELテレビを発売すると発表しています。 現状、スマートフォンなどに利用されている有機ELディスプレイに ...
続きを読む
LED照明関連技術 特許総合力ランキング トップはシャープ 直近3年間で躍進
 弊社は、このたびLED照明関連技術について競合分析を行い、参入企業に関する調査結果をまとめました。LED照明は長寿命、省電力、高輝度と従来の白熱灯や蛍光灯にはない特徴を備え、近年急速に普及が進んでいます。1993年から2011年11月末までに日 ...
続きを読む
透明導電性フィルム関連技術 特許総合力ランキング トップは東洋紡 直近5年は印刷2強が躍進
 透明導電性フィルムはスマートフォンや携帯ゲーム機に幅広く活用されるタッチパネルの普及に伴い、市場拡大が見込まれています。  そこで弊社は、透明導電性フィルム関連技術について競合分析を行い、参入企業に関する調査結果をまとめました。  1993年か ...
続きを読む
有機EL照明関連技術 特許総合力ランキング トップ3はコニカミノルタ、富士フイルム、住友化学
 弊社はこのほど、有機EL照明の関連技術について、参入企業の競争力に関する調査を行いました。1993年から2011年10月末までに日本の特許庁で公開された関連特許5,974 件を対象に、個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」による評価を実 ...
続きを読む
有機ELディスプレイ 特許総合力ランキング トップ3はエプソン、半導体エネルギー研究所、サムスン
 弊社はこのほど、有機ELディスプレイの関連技術について、参入企業の競争力に関する調査を行いました。1993年から2011年9月末までに日本の特許庁で公開された関連特許26,908件を対象に、個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」による評 ...
続きを読む
特許指標割安銘柄ランキングトップ100(2011年9月末)
 弊社はこのほど、特許件数あたりの時価総額を集計した「特許指標割安銘柄ランキングトップ100」をまとめました。  これは、2011年10月15日、16日に開催された「研究・技術計画学会 第26回年次学術大会」において弊社が研究成果を発表した「株価 ...
続きを読む
タッチパネル関連技術、国内特許 総合力ランキング トップ3はソニー、APPLE、京セラ
 iPhoneに代表されるスマートフォンは、現在世界規模で急速に普及しており、その市場は拡大傾向にあります。そこで弊社はスマートフォンの主要技術でもあるタッチパネル関連技術に着目し、タッチパネル全般における参入企業の競争力について調査を行いました ...
続きを読む
【米国】タッチパネル関連技術 特許総合力ランキング トップ3はApple、Microsoft、Motorola
 弊社はこのほど、米国におけるタッチパネルのデータ制御技術に関して、参入企業の競争力に関する調査を行いました。1980年から2011年7月末までに米国特許商標庁で公開されたタッチパネル関連特許を対象に、個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア ...
続きを読む
【電気機器】特許資産規模ランキング2011 トップ3はパナソニック、ソニー、東芝
 弊社はこのほど、独自に分類した電気機器業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「電気機器業界 特許資産の規模ランキング2011」をまとめました。2010年4月1日から2011年3月末までの1年間に登録された特許を ...
続きを読む
リチウムイオン二次電池 電極集電体、特許総合力トップ3は三洋電機、トヨタ自動車、三井金属鉱業
 弊社はこのほど、リチウムイオン二次電池 電極用集電体、及びその皮膜や表面処理に関する技術について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用いて参入企業に関する調査結果をまとめました。電極集電体はリチウムイオン二次電池の容量や安定性などの特 ...
続きを読む
リチウムイオン二次電池 電極添加剤、 特許総合力トップ3は日本ゼオン、ソニー、LG化学
 弊社はこのほど、バインダー、導電助剤等のリチウムイオン二次電池 電極用添加剤について、特許分析ツール「BizCruncher」を用い、参入企業に関する調査結果をまとめました。  電極用添加剤は、活物質と比べると市場であまり注目されていませんが、 ...
続きを読む
全固体型リチウムイオン二次電池、特許総合力トップ3は出光、パナソニック、トヨタ
 弊社はこのほど、全固体型リチウムイオン二次電池(※1)について特許分析ツール「BizCruncher」を用い、参入企業に関する調査結果をまとめました。  電気自動車や蓄電用途としてリチウムイオン二次電池が注目されていますが、従来型は有機溶媒を電 ...
続きを読む
3D映像関連技術、 米国特許 被引用回数、オリンパスが5位、NHKが13位
 弊社はこのほど、米国特許商標庁に出願された3D映像関連の特許について、先行技術として引用された公報の「被引用回数」を集計した「米国 3D映像関連特許 被引用回数ランキング」をまとめました。被引用回数が多いということは、先行技術としての認知度が高 ...
続きを読む
【米国】3D映像関連技術 特許総合力ランキング、 パナソニック、キヤノンがトップ5入り
 弊社はこのほど、米国における3D映像関連技術に関して、参入企業の競争力に関する調査を行いました。1980年から2011年6月末までに米国特許商標庁で公開された3D映像関連技術の特許群を対象に、個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」による ...
続きを読む
【米国】燃料電池関連技術 特許総合力ランキング、 ホンダ、トヨタ、パナソニックがトップ5入り
 弊社はこのほど、米国における燃料電池分野について、参入企業の競争力に関する調査を行いました。燃料電池は、ハイブリッド自動車をはじめとする車載用や、携帯機器向けなど、さまざまな用途で需要が高まっていますが、今回の調査では、あらゆる用途を含めて評価 ...
続きを読む
鴻海(ホンハイ)グループ、組立て関連技術特許が高評価
 弊社はこのほど、台湾・鴻海(ホンハイ)グループ(※注1)が保有する米国特許についてBizCruncher(米国特許版)を用いて分析し、その結果を簡易コンサルレポートとして本日より販売を開始します。  本調査では鴻海(ホンハイ)グループが権利を有 ...
続きを読む
リチウムイオンキャパシター、特許総合力トップ3は富士重工、パナソニック、LG CHEM
 弊社はこのほど、リチウムイオンキャパシターについて、特許分析ツール「BizCruncher」を用いて参入企業に関する調査結果をまとめました。  昨今、太陽光発電や風力発電などが改めて注目されていますが、このような自然エネルギーから安定的に電力を ...
続きを読む
Apple、iPhoneやiPadに使われるタッチパネル関連特許が高評価
 弊社はこのほど、米・Appleが保有する米国特許についてBizCruncher(米国特許版)を用いて分析し、その結果を簡易コンサルレポートとして本日より販売を開始します。  今回の調査では、Appleが権利を有する特許(出願中含む)を集計し、個 ...
続きを読む
電気機器業界の他社牽制力、トップ3はパナソニック、日立、東芝
 弊社はこのほど、電気機器業における他社牽制力ランキングをまとめました。これは、特許庁の審査官が拒絶査定を下した特許の拒絶理由通知に引用された公報について調査したもので、企業ごとに拒絶した他社特許の件数を集計しました。  拒絶理由通知は、ある特許 ...
続きを読む
SiC基板関連技術、特許総合力トップ3はデンソー、CREE、新日本製鐵
 弊社はこのほど、SiC基板関連技術について、参入企業に関する調査結果をまとめました。現在SiCパワー半導体デバイスが注目されているものの、基板の作成が難しく、かつては米・CREEのほぼ独占状態となっていました。しかし、近年では参入企業も増え、品 ...
続きを読む
GaNパワー半導体デバイス関連技術、特許総合力トップ3はCREE、古河電工、パナソニック
 弊社はこのほど、GaNパワー半導体デバイス関連技術について、参入企業に関する調査結果をまとめました。  従来から使われているシリコン(Si)によるパワー半導体デバイスは、耐圧が理論限界値に近付いており、これ以上の改善は難しいとされています。その ...
続きを読む
SiCパワー半導体デバイス関連技術、特許総合力トップ3はCREE、デンソー、パナソニック
 弊社はこのほど、SiCパワー半導体デバイス関連技術について、参入企業に関する調査結果をまとめました。従来から使われているシリコン(Si)によるパワー半導体デバイスは、耐圧が理論限界値に近付いており、これ以上の改善は難しいとされています。そのため、 ...
続きを読む
パワー半導体モジュール関連技術、特許総合力トップ3は三菱電機、デンソー、日立製作所
 弊社はこのほど、パワー半導体デバイス関連技術に引き続き、「パワー半導体モジュール関連技術」について、参入企業に関する調査結果をまとめました。  本調査は、パワー半導体モジュール関連特許を集計し、個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」をベ ...
続きを読む
パワー半導体デバイス関連技術、特許総合力トップ3は東芝、デンソー、三菱電機
 弊社はこのほど、パワー半導体デバイス関連技術について、参入企業に関する調査結果をまとめました。  パワー半導体は電力を制御する半導体であり、省エネルギー技術のキーデバイスです。矢野経済研究所の調査によると、2015年の市場規模は2009年比で約 ...
続きを読む
車載用リチウムイオン二次電池 制御・管理技術、特許総合力トップ3はトヨタ、デンソー、パナソニック
 弊社はこのほど、「車載用リチウムイオン2次電池の制御・管理技術」について、参入企業に関する調査結果をまとめました。  昨今、リチウムイオン2次電池のアプリケーションとして、ハイブリッド車(HEV)や電気自動車(EV)が大きな注目を集めており、リチ ...
続きを読む
【リチウムイオン2次電池】発明者 注目度番付トップ100、1位は東芝の高見氏
 弊社はこのほど、リチウムイオン2次電池の研究開発を手がける注目度の高い発明者をまとめ、「リチウムイオン2次電池 発明者注目度番付トップ100」として発表いたしました。2010年11月末までに公開されたリチウムイオン2次電池関連の特許について、注目 ...
続きを読む
新興市場上場企業、【電気機器】業界の特許資産規模ランキング2010、1位はCCS
 弊社はこのほど、東証マザーズ、ジャスダックに上場する電気機器業界の企業を対象に、特許資産を質と量の両面から総合評価する「新興市場 特許資産規模ランキング2010【電気機器】」をまとめました。 2010年11月末までに公開された日本の特許庁に登録さ ...
続きを読む
【電気機器】発明者 注目度番付トップ100、1位は元ソニーの近藤哲二郎氏
 経営分析、競合調査、特許分析の株式会社パテント・リザルトはこのほど、独自に分類した「電気機器業界」における注目度の高い発明者をまとめ、「発明者 注目度番付トップ100」として発表いたしました。2010年11月末までに公開されたすべての特許について ...
続きを読む
【電気機器】特許資産規模ランキング2010、トップ3はパナソニック、東芝、ソニー
 弊社はこのほど、独自に分類した電気機器業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「電気機器業界 特許資産規模ランキング2010」を発表いたしました(※)。2009年4月1日から2010年3月末までに日本の特許庁に新た ...
続きを読む
裸眼3Dディスプレイ、特許総合力トップ3はシャープ、フィリップス、東芝
 弊社はこのほど、裸眼3Dディスプレイについて、参入企業の競合状況に関する調査結果をまとめました。裸眼3Dディスプレイは、眼鏡型3Dディスプレイに付きまとう眼鏡の煩わしさがない点から、将来的に3Dディスプレイの主流になっていくものと予想されます。 ...
続きを読む
リチウムイオン二次電池 セパレーター:特許総合力ランキング トップ3は、旭化成イーマテ、帝人、パナソニック
 弊社はこのほど、リチウムイオン2次電池に使われるセパレーターについて、参入企業の競合状況に関する調査結果をまとめました。セパレーターは、リチウムイオン電池の正極と負極を分離する働きを持ちます。何らかの原因で電池が発熱して高温状態に達した場合に、リ ...
続きを読む
リチウムイオン二次電池 固体電解質: 特許総合力ランキング トップ3はソニー、サムスンSDI、パナソニック
 弊社はこのほど、リチウムイオン2次電池に使われる固体電解質について、参入企業の競合状況に関する調査結果をまとめました(※1)。固体電解質は、発熱による発火の危険が少ないことから、安全性の高い材料として注目を集めています。また、液状の電解質のように ...
続きを読む
リチウムイオン二次電池 有機電解液: 特許総合力ランキング トップ3は宇部興産、ソニー、三菱化学
 弊社はこのほど、リチウムイオン2次電池に使われる有機電解液について、参入企業の競合状況に関する調査結果をまとめました。有機電解液は、有機溶媒に導電性を与える電解質を溶解したもので、電極間でリチウムイオンをスムーズに移動させる役割を果たします。   ...
続きを読む
リチウムイオン二次電池 酸化物系負極:特許総合力ランキング トップ3は東芝、パナソニック、ソニー
 弊社はこのほど、負極に酸化物系材料を用いたリチウムイオン2次電池の技術領域における競合状況について調査した結果をまとめました。酸化物系のリチウムイオン電池は、安全性が高く、低温特性に優れているという特徴があります。  今回の調査では、個別特許の注 ...
続きを読む
リチウムイオン二次電池 合金系負極:特許総合力ランキング トップ3はソニー、パナソニック、三井金属
 弊社はこのほど、負極に合金系材料を用いたリチウムイオン2次電池の技術領域における競合状況について調査した結果をまとめました。合金系のリチウムイオン電池は、電池の大容量化を目的として開発が進められています。負極材料にスズ、ケイ素などを用いることでリ ...
続きを読む
リチウムイオン二次電池 リン酸鉄系正極: 特許総合力ランキング、ソニーが2位以下に大差をつけてトップ
 弊社はこのほど、リン酸化合物系、特にリン酸鉄系リチウムイオン2次電池の技術領域における競合状況について調査した結果をまとめました。リン酸鉄系リチウムイオン2次電池は、出願件数自体はまだ多くありませんが、マンガン系と同様に、希少資源であるコバルトを ...
続きを読む
リチウムイオン二次電池 マンガン系正極: 特許総合力ランキング トップ3はNEC、三洋電機、三菱化学
 弊社はこのほど、マンガン系リチウムイオン2次電池の技術領域における競合状況について調査した結果をまとめました。マンガン系リチウムイオン2次電池は、希少資源であるコバルトを正極材料に使ったリチウムイオン2次電池の代替として注目を集めており、各社が開 ...
続きを読む

特許分析のパテント・リザルト

特許分析のパテント・リザルト TEL:03-5802-6580
特許分析・経営分析関連のつぶやき特許分析・経営分析関連のFacebook

Copyright c Patent Result Co., Ltd.

ISMS