特許、特許分析を使った競合・経営分析なら、パテント・リザルト


  1. 特許分析、経営分析、競合調査のパテント・リザルト
  2. 特許ランキング
  3. 無料知財セミナー
  4. 特許分析ツール
  5. 特許分析レポート
  6. 会社概要

環境・エネルギー

【石油・エネルギー】特許資産規模ランキング、トップ3は中国電力、出光興産、東京ガス
 弊社はこのほど、独自に分類した「石油・エネルギー」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「石油・エネルギー業界 特許資産規模ランキング」をまとめました。2017年4月1日から2018年3月末までの1年間に登録され ...
続きを読む
【石油・エネルギー】特許資産規模ランキング、トップ3は中国電力、出光興産、JXTGエネルギー
 弊社はこのほど、独自に分類した「石油・エネルギー」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「石油・エネルギー業界 特許資産規模ランキング」をまとめました。2016年4月1日から2017年3月末までの1年間に登録され ...
続きを読む
【石油・エネルギー業界】他社牽制力ランキング2016トップ3は出光興産、大阪ガス、JXTGエネルギー
 弊社はこのほど、独自に分類した石油・エネルギー業界の企業を対象に、2016年の特許審査過程において他社特許への拒絶理由として引用された件数を企業別に集計した「石油・エネルギー業界 他社牽制力ランキング2016」をまとめました。この集計により、直近 ...
続きを読む
家庭用エネルギー管理システム(HEMS) 特許総合力ランキングトップ3はパナソニック、京セラ、三菱電機
 弊社はこのほど、2013年5月にまとめた家庭用エネルギー管理システム(HEMS;Home Energy Management System)関連技術(特許)について、その後の技術動向、権利者動向を、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用 ...
続きを読む
【石油・エネルギー】特許資産規模ランキング2016、トップ3は中国電力、JXエネルギー、大阪ガス
 弊社はこのほど、独自に分類した「石油・エネルギー」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「石油・エネルギー業界 特許資産規模ランキング」をまとめました。2015年4月1日から2016年3月末までの1年間に登録され ...
続きを読む
【石油・エネルギー業界】他社牽制力ランキング2015トップ3は出光興産、大阪ガス、JXエネルギー
 弊社はこのほど、独自に分類した石油・エネルギー業界の企業を対象に、2015年の特許審査過程において他社特許への拒絶理由として引用された件数を企業別に集計した「石油・エネルギー業界 他社牽制力ランキング2015」をまとめました。この集計により、直近 ...
続きを読む
【石油・エネルギー】特許資産規模ランキング2015、トップ3は中国電力、JX日鉱日石エネルギー、大阪ガス
 弊社はこのほど、独自に分類した「石油・エネルギー」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「石油・エネルギー業界 特許資産規模ランキング」をまとめました。2014年4月1日から2015年3月末までの1年間に登録され ...
続きを読む
電気脱イオン装置関連技術 特許総合力ランキングトップ3はオルガノ、栗田工業、GENERAL ELECTRIC
 弊社はこのほど、日本に出願された電気脱イオン装置関連技術について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用い、参入企業に関する調査結果をまとめ、レポートの販売を開始しました。  本調査では、薬剤によるイオン交換体の再生が不要で、連続運転に ...
続きを読む
【石油・エネルギー業界】他社牽制力ランキング2014トップ3は出光興産、大阪ガス、JX日鉱日石エネルギー
 弊社はこのほど、独自に分類した石油・エネルギー業界の企業を対象に、2014年の特許審査過程において他社特許への拒絶理由として引用された件数を企業別に集計した「石油・エネルギー業界 他社牽制力ランキング2014」をまとめました(※)。この集計により ...
続きを読む
【石油・エネルギー】特許資産規模ランキング2014、トップ3は中国電力、出光興産、JX日鉱日石エネルギー
 弊社はこのほど、独自に分類した「石油・エネルギー」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「石油・エネルギー業界 特許資産規模ランキング2014」をまとめました。2013年4月1日から2014年3月末までの1年間に ...
続きを読む
金属空気電池関連技術 特許総合力ランキングトップ3は本田技研工業、EVEREADY BATTERY、トヨタ自動車
 弊社はこのほど、国内に出願された金属空気電池関連技術について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用いて参入企業に関する調査結果をまとめ、レポートの販売を開始しました。  金属空気電池とは、正極の反応材料に空気中の酸素、負極の反応材料に ...
続きを読む
【石油・エネルギー業界】他社牽制力ランキング2013トップ3は出光興産、大阪ガス、JX日鉱日石エネルギー
 弊社はこのほど、独自に分類した石油・エネルギー業界の企業を対象に、2013年の特許審査過程において他社特許への拒絶理由として引用された件数を企業別に集計した「石油・エネルギー業界 他社牽制力ランキング2013」をまとめました(※)。この集計により ...
続きを読む
水素貯蔵・圧縮関連技術 特許総合力トップ3はトヨタ自動車、本田技研工業、日本製鋼所
 弊社はこのほど、国内に出願された水素貯蔵・圧縮関連技術について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用いて参入企業に関する調査結果をまとめました。  2011年1月、自動車メーカー3社とエネルギー事業者10社が「燃料電池自動車の国内市場 ...
続きを読む
金属回収技術、特許総合力トップ3はJX日鉱日石金属、住友金属鉱山、DOWAグループ
 弊社はこのほど、日本に出願された金属回収技術について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用いて参入企業に関する調査結果をまとめ、レポートの販売を開始しました。  電化製品や自動車等に使用される部品には多くの金属製品が含まれています。こ ...
続きを読む
【石油・エネルギー】特許資産規模ランキング2013、トップ3は中国電力、出光興産、JX日鉱日石エネルギー
 弊社はこのほど、独自に分類した「石油・エネルギー」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「石油・エネルギー業界 特許資産規模ランキング2013」をまとめました。2012年4月1日から2013年3月末までの1年間に ...
続きを読む
二酸化炭素回収・貯留(CCS)関連技術、特許総合力トップ3は三菱重工業、ALSTOM TECHNOLOGY、関西電力
 弊社はこのほど、日本に出願された二酸化炭素回収・貯留(CCS:Carbon dioxide Capture and Storage)関連技術について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用いて参入企業に関する調査結果をまとめました。   ...
続きを読む
【米国】燃料電池関連技術の特許総合力、トップ3はGM、トヨタ、ホンダ
※2013年7月3日付 日本経済新聞 朝刊3面に掲載されました  弊社はこのほど、米国における燃料電池分野について、参入企業の競争力に関する調査を行いました。今回の調査は2011年7月に実施した調査に続くもので、1980年から2013年5月末までに ...
続きを読む
家庭用エネルギー管理システム(HEMS) 特許総合力ランキングトップ3はパナソニック、東芝、中国電力
※2013年5月13日付 日本経済新聞 朝刊 11面に掲載されました  弊社はこのほど、国内に出願された家庭用エネルギー管理システム(HEMS;Home Energy Management System)関連技術について、特許分析ツール「Biz C ...
続きを読む
【米国】次世代自動車関連技術 特許総合力ランキングトップ3はトヨタ自動車、CHRYSLER GROUP、GM GLOBAL TECHNOLOGY
 弊社はこのほど、2013年1月から欧米にて本格運用が始まった「共同特許分類(CPC)」を用い、米国における次世代自動車関連技術について、参入企業の競争力に関する調査をまとめました。  電気自動車(EV)やハイブリッド自動車(HV)など次世代自動 ...
続きを読む
【米国】太陽電池セル関連技術 特許総合力ランキングトップ3はEMCORE SOLAR POWER INC、SOLOPOWER INC、NANOSOLAR INC
 弊社はこのほど、2013年1月から欧米にて本格運用が始まった「共同特許分類(CPC)」を用い、米国における太陽電池セル分野について、参入企業の競争力に関する調査をまとめました。  1980年から2012年12月末までに米国特許商標庁で公開された ...
続きを読む
【米国】燃料電池の電解質関連技術 特許総合力ランキングトップ3はSAMSUNG SDI、東芝、パナソニック
 弊社はこのほど、2013年1月から欧米にて本格運用が始まった「共同特許分類(CPC)」を用い、米国における燃料電池の電解質分野について、参入企業の競争力に関する調査をまとめました。  1980年から2012年12月末までに米国特許商標庁で公開さ ...
続きを読む
化学合成系生分解性プラスチック関連技術 特許総合力ランキングトップ3はユニチカ、東レ、三菱樹脂 ~ 直近6年間では東レ、帝人が躍進 ~
 成形性が高く軽量で低コストであるプラスチックは、使用時には大変有用であるものの、その化学的安定さのため使用後の廃棄が問題となっています。そこで弊社は、微生物等により使用後には二酸化炭素と水に分解することのできる「化学合成を用いて作製された生分解 ...
続きを読む
DPF関連技術 特許総合力ランキング トップ3は日本ガイシ、トヨタ自動車、イビデン ~ 直近6年間では日本ガイシ、イビデンが大躍進
 熱効率に優れ、CO2削減が期待されるディーゼルエンジンは、乗用車として需要の高い欧州はもとより、米国や日本でも改めて注目されています。そこで弊社は、ディーゼルエンジンの主要な排出ガス処理技術である微粒子捕集フィルタ(DPF)に着目し、参入企業の ...
続きを読む
非接触給電関連技術 特許総合力トップ3は セイコーエプソン、Access Business Group、トヨタ自動車
 弊社はこのほど、米国特許に引き続き、日本に出願された非接触給電関連技術について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用いて参入企業に関する調査結果をまとめました。  日本における非接触給電技術は、モバイル製品や家電用途などで、2000年 ...
続きを読む
【米国】非接触給電関連技術 特許総合力トップ3はAccess Business Group、MIT、Qualcomm
 弊社はこのほど、米国特許における非接触給電関連技術について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用いて参入企業に関する調査結果をまとめました。  非接触給電技術はWPC(Wireless Power Consortium)という業界団体 ...
続きを読む
LED照明関連技術 特許総合力ランキング トップはシャープ 直近3年間で躍進
 弊社は、このたびLED照明関連技術について競合分析を行い、参入企業に関する調査結果をまとめました。LED照明は長寿命、省電力、高輝度と従来の白熱灯や蛍光灯にはない特徴を備え、近年急速に普及が進んでいます。1993年から2011年11月末までに日 ...
続きを読む
リチウムイオン二次電池 電極集電体、特許総合力トップ3は三洋電機、トヨタ自動車、三井金属鉱業
 弊社はこのほど、リチウムイオン二次電池 電極用集電体、及びその皮膜や表面処理に関する技術について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用いて参入企業に関する調査結果をまとめました。電極集電体はリチウムイオン二次電池の容量や安定性などの特 ...
続きを読む
リチウムイオン二次電池 電極添加剤、 特許総合力トップ3は日本ゼオン、ソニー、LG化学
 弊社はこのほど、バインダー、導電助剤等のリチウムイオン二次電池 電極用添加剤について、特許分析ツール「BizCruncher」を用い、参入企業に関する調査結果をまとめました。  電極用添加剤は、活物質と比べると市場であまり注目されていませんが、 ...
続きを読む
全固体型リチウムイオン二次電池、特許総合力トップ3は出光、パナソニック、トヨタ
 弊社はこのほど、全固体型リチウムイオン二次電池(※1)について特許分析ツール「BizCruncher」を用い、参入企業に関する調査結果をまとめました。  電気自動車や蓄電用途としてリチウムイオン二次電池が注目されていますが、従来型は有機溶媒を電 ...
続きを読む
【米国】燃料電池関連技術 特許総合力ランキング、 ホンダ、トヨタ、パナソニックがトップ5入り
 弊社はこのほど、米国における燃料電池分野について、参入企業の競争力に関する調査を行いました。燃料電池は、ハイブリッド自動車をはじめとする車載用や、携帯機器向けなど、さまざまな用途で需要が高まっていますが、今回の調査では、あらゆる用途を含めて評価 ...
続きを読む
【米国】電気自動車等のデータ制御 総合力ランキング トップ3はIV、トヨタ自動車、FORD
 弊社はこのほど、米国における電気自動車等のデータ制御に関して、参入企業の競争力に関する調査を行いました。1980年から2011年5月末までに米国特許商標庁で公開された「電気推進車両のデータ制御」関連特許を対象に、個別特許の注目度を得点化する「パ ...
続きを読む
ハイブリッド車両、米国特許 被引用回数トップは米PAICE社の駆動システム関連技術
 弊社はこのほど、米国特許庁に出願されたハイブリッド車両関連の特許について、先行技術として引用された公報の「被引用回数」を集計した「米国ハイブリッド車両関連特許 被引用回数ランキング」をまとめました。被引用回数が多いということは、先行技術としての ...
続きを読む
【米国】ハイブリッド車両 総合力ランキング トップ3はトヨタ自動車、FORD、PAICE
 温暖化防止を目的としたCO2排出抑制のため、自動車を含めた車両関連分野では、エンジンと電動モーターを組み合わせて走る低燃費で環境にやさしい「ハイブリッド車両」の開発が世界規模で進められています。  そこで弊社は米国におけるハイブリッド車両技術に ...
続きを読む
風力発電関連技術、特許総合力トップ3はAloys, WOBBEN氏、三菱重工業、日立製作所
 弊社はこのほど、風力発電関連技術について、特許分析ツール「BizCruncher」を用いて参入企業に関する調査結果をまとめました。  日本国内における風力発電は、地理的な制約や気候の条件などからあまり普及しておらず、「再生可能エネルギーといえば ...
続きを読む
リチウムイオンキャパシター、特許総合力トップ3は富士重工、パナソニック、LG CHEM
 弊社はこのほど、リチウムイオンキャパシターについて、特許分析ツール「BizCruncher」を用いて参入企業に関する調査結果をまとめました。  昨今、太陽光発電や風力発電などが改めて注目されていますが、このような自然エネルギーから安定的に電力を ...
続きを読む
車載用リチウムイオン二次電池 制御・管理技術、特許総合力トップ3はトヨタ、デンソー、パナソニック
 弊社はこのほど、「車載用リチウムイオン2次電池の制御・管理技術」について、参入企業に関する調査結果をまとめました。  昨今、リチウムイオン2次電池のアプリケーションとして、ハイブリッド車(HEV)や電気自動車(EV)が大きな注目を集めており、リチ ...
続きを読む
水質検査技術、特許総合力トップ3は東芝、栗田工業、島津製作所
 弊社はこのほど、水質検査技術について、参入企業に関する調査結果をまとめました。 水質検査は 「水ビジネス」という観点ではあまり注目されていませんが、水処理のあらゆる場面で必要となる技術です。今後、日本の水処理関連技術がより海外に展開されていくと同 ...
続きを読む
バラスト水処理技術、特許総合力トップ3は三井造船、日立製作所、三菱重工業
 弊社はこのほど、バラスト水処理技術について、参入企業に関する調査結果をまとめました。バラスト水とは、主に貨物船において、積荷を降ろした際に重しとしてバランスを取るために使用する水のことですが、荷物積載時には排出されるため、港周辺の生態系に悪影響を ...
続きを読む
海水淡水化技術、特許総合力トップ3は神鋼環境ソリューション、東レ、荏原
 弊社はこのほど、海水淡水化関連技術について、参入企業に関する調査結果をまとめました。地球上の水は95%以上が海水であることから、水源の乏しい地域、特に中東において海水淡水化プラントの需要が急増しています。また、日本においても離島などで利用する海水 ...
続きを読む
膜分離活性汚泥法、特許総合力トップ3はクボタ、三菱レイヨン、東レ
 廃液処理や汚水処理で利用される、膜分離活性汚泥法(MBR)及びMBR装置について、参入企業に関する調査結果をまとめました。MBRは従来の下水、工場排水処理における沈殿池を必要としないことから省スペース化が可能となる特徴があり、近年その市場も急拡大 ...
続きを読む
水処理用ろ過装置、特許総合力ランキングトップ3は日立、SIEMENS、オルガノ
 弊社はこのほど、水処理用ろ過装置について、参入企業に関する調査結果をまとめました。ろ過装置には砂ろ過装置、繊維ろ過装置、膜ろ過装置等がありますが、中東における海水淡水化の前処理などに使用されることもあり、今後も需要が高まっていくものと思われます( ...
続きを読む
水処理用薬品、特許総合力ランキング、栗田工業が2位以下に大差をつけてトップ
 弊社はこのほど、水処理用の薬品技術について、参入企業の競合状況に関する調査結果をまとめました。これらの薬品は国内市場では成熟していますが、新興国などの工業化が進むにつれ、より需要が高まるものと考えられます。  今回の調査では、個別特許の注目度を得 ...
続きを読む
水処理膜技術、特許総合力トップ3は東レ、日東電工、旭化成ケミカルズ
 弊社はこのほど、水処理用の膜技術について、参入企業の競合状況に関する調査結果をまとめました。水処理膜には、精密ろ過膜、限外ろ過膜、逆浸透膜等がありますが、これらの技術は水処理インフラの心臓部であり、また日本企業の世界シェアが高い領域となっています ...
続きを読む

特許分析のパテント・リザルト

特許分析のパテント・リザルト TEL:03-5802-6580
特許分析・経営分析関連のつぶやき特許分析・経営分析関連のFacebook

Copyright c Patent Result Co., Ltd.

ISMS