特許、特許分析を使った競合・経営分析なら、パテント・リザルト


  1. 特許分析、経営分析、競合調査のパテント・リザルト
  2. 特許ランキング
  3. 無料知財セミナー
  4. 特許分析ツール
  5. 特許分析レポート
  6. 会社概要

化学製品・材料

【化学】特許資産規模ランキング、トップ3は富士フイルム、DIC、花王
 弊社はこのほど、独自に分類した「化学」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「化学業界 特許資産規模ランキング」をまとめました。2017年4月1日から2018年3月末までの1年間に登録された特許を対象に、個別特許 ...
続きを読む
【化学業界】他社牽制力ランキング2017トップ3は富士フイルム、三菱ケミカル、花王
株式会社パテント・リザルトはこのほど、独自に分類した化学業界の企業を対象に、2017年の特許審査過程において他社特許への拒絶理由として引用された件数を企業別に集計した「化学業界 他社牽制力ランキング2017」をまとめました。この集計により、直近の技 ...
続きを読む
【化学】特許資産規模ランキング、トップ3は富士フイルム、三菱ケミカル、住友化学
 弊社はこのほど、独自に分類した「化学」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「化学業界 特許資産規模ランキング」をまとめました。2016年4月1日から2017年3月末までの1年間に登録された特許を対象に、個別特許 ...
続きを読む
【化学業界】他社牽制力ランキング2016トップ3は富士フイルム、花王、三菱化学
 弊社はこのほど、独自に分類した化学業界の企業を対象に、2016年の特許審査過程において他社特許への拒絶理由として引用された件数を企業別に集計した「化学業界 他社牽制力ランキング2016」をまとめました。この集計により、直近の技術開発において競合他 ...
続きを読む
リチウムイオン二次電池 セパレーター、特許総合力トップ3は東レ、LG CHEM(韓国)、住友化学
 弊社はこのほど、2017年2月末までに日本の特許庁に出願された「リチウムイオン二次電池用セパレーター」関連技術について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用い、参入企業に関する調査結果をまとめ、レポートの販売を開始しました。  本レポ ...
続きを読む
【化学】特許資産規模ランキング2016、トップ3は富士フイルム、積水化学、花王
 弊社はこのほど、独自に分類した「化学」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「化学業界 特許資産規模ランキング」をまとめました。2015年4月1日から2016年3月末までの1年間に登録された特許を対象に、個別特許 ...
続きを読む
【化学業界】他社牽制力ランキング2015トップ3は富士フイルム、花王、三菱化学
 弊社はこのほど、独自に分類した化学業界の企業を対象に、2015年の特許審査過程において他社特許への拒絶理由として引用された件数を企業別に集計した「化学業界 他社牽制力ランキング2015」をまとめました。この集計により、直近の技術開発において競合他 ...
続きを読む
カチオン電着塗装関連技術 特許総合力ランキングトップ3は関西ペイント、日本ペイント、BASF
 弊社はこのほど、日本に出願されたカチオン電着塗装関連技術について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用い、参入企業に関する調査結果をまとめ、レポートの販売を開始しました。  カチオン電着塗装は、カチオン(陽イオン)塗料液中に被塗物を浸 ...
続きを読む
【化学】特許資産規模ランキング2015、トップ3は富士フイルム、花王、日東電工
 弊社はこのほど、独自に分類した「化学」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「化学業界 特許資産規模ランキング」をまとめました。2014年4月1日から2015年3月末までの1年間に登録された特許を対象に、個別特許 ...
続きを読む
機械・摺動部材へのDLCコーティング技術・部材、特許総合力トップ3は日産自動車、神戸製鋼、NTN
 弊社はこのほど、日本に出願された機械・摺動部材へのDLCコーティング技術・部材について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用いて参入企業に関する調査結果をまとめ、レポートの販売を開始しました。  様々な機械部品で構成される製品、装置等 ...
続きを読む
感熱記録材料の発色剤関連技術 特許総合力ランキングトップ3は王子ホールディングス、リコー、日本製紙
 弊社はこのほど、日本に出願された感熱記録材料の発色剤について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用い、参入企業に関する調査結果をまとめ、レポートの販売を開始しました。  感熱記録材料は、主に紙など材料表面に特殊薬品が塗工されたもので、 ...
続きを読む
洗濯用柔軟剤関連技術 特許総合力ランキングトップ3はP&G、花王、ライオン
 弊社はこのほど、日本に出願された洗濯用柔軟剤関連技術について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用い、参入企業に関する調査結果をまとめ、レポートの販売を開始しました。  本調査では、1993年から2015年5月末までに日本の特許庁で公 ...
続きを読む
【化学業界】他社牽制力ランキング2014トップ3は富士フイルム、花王、三菱化学
 弊社はこのほど、独自に分類した化学業界の企業を対象に、2014年の特許審査過程において他社特許への拒絶理由として引用された件数を企業別に集計した「化学業界 他社牽制力ランキング2014」をまとめました(※)。この集計により、直近の技術開発において ...
続きを読む
液晶配向膜関連技術 特許総合力ランキングトップ3はJSR、日産化学工業、シャープ
 弊社はこのほど、日本に出願された有機材料からなる液晶配向膜関連技術について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用い、参入企業に関する調査結果をまとめ、レポートの販売を開始しました。  本調査では、液晶ディスプレイの部材の1つである液晶 ...
続きを読む
新興市場上場企業【化学】業界 特許資産規模ランキング2014、トップ3はエスケー化研、松本油脂製薬、綜研化学
 弊社はこのほど、東証マザーズ、ジャスダックに上場する化学業界の企業を対象に、特許資産を質と量の両面から総合評価する「新興市場 特許資産規模ランキング2014【化学】」をまとめました。2014年3月末までに公開された日本の特許庁に登録されているすべ ...
続きを読む
【化学】特許資産規模ランキング2014、トップ3は富士フイルム、花王、積水化学工業
 弊社はこのほど、独自に分類した「化学」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「化学業界 特許資産規模ランキング2014」をまとめました。2013年4月1日から2014年3月末までの1年間に登録された特許を対象に、 ...
続きを読む
乳酸菌関連技術、特許総合力トップ3は明治、ヤクルト本社、NESTLE
 弊社はこのほど、日本に出願された乳酸菌関連技術について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用いて参入企業に関する調査結果をまとめました。  乳酸菌は、ヨーグルトやチーズなどの乳製品に含まれており、腸内の環境を整える効果が知られています ...
続きを読む
クレンジング・メイク落とし関連技術 特許総合力ランキングトップ3は花王、資生堂、LOREAL(仏)
 弊社はこのほど、日本に出願されたクレンジング・メイク落とし関連技術について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用い、参入企業に関する調査結果をまとめ、レポートの販売を開始しました。  本調査では、化粧品に含まれる顔料など油性の基材を除 ...
続きを読む
【化学業界】他社牽制力ランキング2013 トップ3は富士フイルム、花王、三菱化学
 弊社はこのほど、独自に分類した化学業界の企業を対象に、2013年の特許審査過程において他社特許への拒絶理由として引用された件数を企業別に集計した「化学業界 他社牽制力ランキング2013」をまとめました(※)。この集計により、直近の技術開発において ...
続きを読む
車両用塗装関連技術、特許総合力トップ3は関西ペイント、日本ペイント、BASF COATINGS(ドイツ)
 弊社はこのほど、日本に出願された車両用塗装関連技術について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用いて参入企業に関する調査結果をまとめました。  自動車製造における塗装プロセスは非常に長い工程からなり、またVOC(揮発性有機化合物)の排 ...
続きを読む
新興市場上場企業【化学】業界 特許資産規模ランキング2013、トップ3はエスケー化研、松本油脂製薬、タカラバイオ
 弊社はこのほど、東証マザーズ、ジャスダックに上場する化学業界の企業を対象に、特許資産を質と量の両面から総合評価する「新興市場 特許資産規模ランキング2013【化学】」をまとめました。2013年3月末までに公開された日本の特許庁に登録されているすべ ...
続きを読む
【化学】特許資産規模ランキング2013、トップ3は富士フイルム、花王、積水化学工業 ~JSRが躍進
 弊社はこのほど、独自に分類した「化学」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「化学業界 特許資産規模ランキング2013」をまとめました。2012年4月1日から2013年3月末までの1年間に登録された特許を対象に、 ...
続きを読む
直近3年の無効審判回数、トップ3は日亜化学工業、三洋電機、ジェムスターTVガイド
 弊社はこのほど、2010年1月から2012年12月までに無効審判を受けた回数を企業別に集計した「直近3年 無効審判回数ランキング」をまとめました(注1)。無効審判は、特許庁において登録されている特許に対し、その特許性が疑わしいと思われる場合に、 ...
続きを読む
2012年の情報提供回数トップ3はパナソニック、SANKYO、大王製紙
 弊社はこのほど、2012年の特許審査過程で情報提供を受けた回数を企業別に集計した「情報提供回数ランキング2012」をまとめました(注1)。情報提供とは、特許出願された発明の新規性・進歩性がないと疑われる場合に、審査官に対してその証拠となる情報を ...
続きを読む
化学合成系生分解性プラスチック関連技術 特許総合力ランキングトップ3はユニチカ、東レ、三菱樹脂 ~ 直近6年間では東レ、帝人が躍進 ~
 成形性が高く軽量で低コストであるプラスチックは、使用時には大変有用であるものの、その化学的安定さのため使用後の廃棄が問題となっています。そこで弊社は、微生物等により使用後には二酸化炭素と水に分解することのできる「化学合成を用いて作製された生分解 ...
続きを読む
顔料分散型カラーフィルタ関連技術 特許総合力ランキング、トップ3は富士フイルム、大日本印刷、凸版印刷  ~ 直近3年間では東洋インキが躍進 ~
 特定波長の可視光のみ透過するカラーフィルタは、薄型テレビやパソコン、スマートフォンなどのディスプレーの画質を左右する重要な構成部品です。そこで弊社は、顔料分散技術により作製されたカラーフィルタに着目し、参入企業の競争力に関する調査を行いました。 ...
続きを読む
【化学業界】2012年の被引用特許件数トップ3は富士フイルム、三菱化学、積水化学
 弊社はこのほど、独自に分類した化学業界の企業を対象に、2012年の特許審査過程で他社特許の拒絶理由通知に引用された件数を企業別に集計した「化学業界 被引用特許件数ランキング2012」をまとめました(注1)。この集計により、直近の技術開発において ...
続きを読む
大学・TLO「材料分析:光学関連技術」の特許総合力ランキング ~トップ3は岡山大学、東京工業大学、大阪大学
 大学・TLOにおいて「材料分析」分野における特許出願が急速に増加しています。そこで弊社は、大学・TLOを対象として「材料分析」分野の中でも「光学的分析」に関連する技術に着目し、各機関の競争力に関する調査を行いました(注1)。  1993年から2 ...
続きを読む
【化学】特許資産規模ランキング2012、トップ3は富士フイルム、積水化学、日東電工
 弊社はこのほど、独自に分類した「化学」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「化学業界 特許資産規模ランキング2012」をまとめました。2011年4月1日から2012年3月末までの1年間に登録された特許を対象に、 ...
続きを読む
日焼け止め関連技術 特許総合力ランキング トップ3は資生堂、花王、BASF
 弊社はこのほど、日焼け止め関連技術について競合分析を行い、参入企業に関する調査結果をまとめました。  1993年から2012年4月末までに日本の特許庁から公開された関連特許6,651件を対象に、個別特許スコアリング指標「パテントスコア」による ...
続きを読む
化粧品 スキンケア剤 特許総合力ランキング トップ3は花王、資生堂、LOREAL
 弊社はこのほど、化粧品の中核を占めるスキンケア剤関連技術について、参入企業の競争力に関する調査を行いました。スキンケア剤関連技術は、皮膚の保湿や美肌効果の発現、アンチエイジングなど日常生活に欠かせない要素となっています。  今回の調査では、19 ...
続きを読む
有機EL 成膜技術(ドライプロセス) 特許総合力ランキング トップはSamsung Mobile Display 直近5年間ではアルバック、富士フイルムが躍進
 有機ELディスプレイは、液晶に代わる次世代ディスプレイとして有望視されており、近年、スマートフォンを筆頭にタブレット端末、デジカメなどに採用され、急速に普及し始めています。現在、市場に流通している有機ELディスプレイの成膜では主に低分子の発光材 ...
続きを読む
有機EL 成膜技術(ウェットプロセス) 特許総合力ランキング 直近5年間ではコニカミノルタHDが大躍進
 有機ELディスプレイは、液晶に代わる次世代ディスプレイとして有望視されており、近年、スマートフォンを筆頭にタブレット端末、デジカメなどに採用され、急速に普及し始めています。スマートフォン等に利用されている有機ELディスプレイの成膜では主に低分子 ...
続きを読む
炭素繊維強化プラスチック関連技術 特許総合力ランキング 東レが断トツ1位、過去5年ではDIC、名古屋油化が躍進
 弊社はこのほど、炭素繊維強化プラスチック(CFRP:Carbon Fiber Reinforced Plastics)関連技術について、参入企業の競争力に関する調査を行いました。炭素繊維強化プラスチックは、軽量、高強度でしなりが少ないという特徴 ...
続きを読む
有機EL 低分子発光材料 特許総合力ランキング トップは出光興産、直近5年では富士フイルム、コニカミノルタが躍進
 有機ELディスプレイは、液晶に代わる次世代ディスプレイとして有望視されており、近年、スマートフォンを筆頭にタブレット端末、デジカメなどに採用され、急速に普及し始めています。 現在、流通している有機ELディスプレイの中核素材である発光材料は、低分 ...
続きを読む
有機EL 高分子発光材料 特許総合力ランキング 上位2社は住化グループ、直近5年間ではコニカミノルタが躍進
 有機ELディスプレイは、液晶に代わる次世代ディスプレイとして有望視されており、韓国のLG電子、サムスンなどが、2012年後半には日本で大型の有機ELテレビを発売すると発表しています。 現状、スマートフォンなどに利用されている有機ELディスプレイに ...
続きを読む
透明導電性フィルム関連技術 特許総合力ランキング トップは東洋紡 直近5年は印刷2強が躍進
 透明導電性フィルムはスマートフォンや携帯ゲーム機に幅広く活用されるタッチパネルの普及に伴い、市場拡大が見込まれています。  そこで弊社は、透明導電性フィルム関連技術について競合分析を行い、参入企業に関する調査結果をまとめました。  1993年か ...
続きを読む
【化学】特許資産規模ランキング2011 トップ3は富士フイルム、花王、積水化学 ~ 昭和電工が躍進
 弊社はこのほど、独自に分類した化学業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「化学業界 特許資産の規模ランキング2011」をまとめました。2010年4月1日から2011年3月末までの1年間に登録された特許を対象に、 ...
続きを読む
リチウムイオン二次電池 電極添加剤、 特許総合力トップ3は日本ゼオン、ソニー、LG化学
 弊社はこのほど、バインダー、導電助剤等のリチウムイオン二次電池 電極用添加剤について、特許分析ツール「BizCruncher」を用い、参入企業に関する調査結果をまとめました。  電極用添加剤は、活物質と比べると市場であまり注目されていませんが、 ...
続きを読む
化学業界の他社牽制力、トップ3は富士フイルム、積水化学、三菱化学
 弊社はこのほど、化学業界における他社牽制力ランキングをまとめました。これは、特許庁の審査官が拒絶査定を下した特許の拒絶理由通知に引用された公報について調査したもので、企業ごとに拒絶した他社特許の件数を集計しました。  拒絶理由通知は、ある特許が出 ...
続きを読む
【リチウムイオン2次電池】発明者 注目度番付トップ100、1位は東芝の高見氏
 弊社はこのほど、リチウムイオン2次電池の研究開発を手がける注目度の高い発明者をまとめ、「リチウムイオン2次電池 発明者注目度番付トップ100」として発表いたしました。2010年11月末までに公開されたリチウムイオン2次電池関連の特許について、注目 ...
続きを読む
新興市場上場企業、【化学】業界の特許資産規模ランキング2010、1位はエスケー化研
 弊社はこのほど、東証マザーズ、ジャスダックに上場する化学業界の企業を対象に、特許資産を質と量の両面から総合評価する「新興市場 特許資産規模ランキング2010【化学】」をまとめました。 2010年11月末までに公開された日本の特許庁に登録されている ...
続きを読む
【化学】発明者 注目度番付トップ100、1位は元日亜化学の中村修二氏
 経営分析、競合調査、特許分析の株式会社パテント・リザルトはこのほど、独自に分類した「化学業界」における注目度の高い発明者をまとめ、「発明者 注目度番付トップ100」として発表いたしました。2010年11月末までに公開されたすべての特許について、注 ...
続きを読む
【化学】特許資産規模ランキング2010、トップ3は富士フイルム、花王、積水化学
 弊社はこのほど、独自に分類した化学業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「化学業界 特許資産規模ランキング2010」を発表いたしました(※)。2009年4月1日から2010年3月末までに日本の特許庁に新たに登録さ ...
続きを読む
水処理用薬品、特許総合力ランキング、栗田工業が2位以下に大差をつけてトップ
 弊社はこのほど、水処理用の薬品技術について、参入企業の競合状況に関する調査結果をまとめました。これらの薬品は国内市場では成熟していますが、新興国などの工業化が進むにつれ、より需要が高まるものと考えられます。  今回の調査では、個別特許の注目度を得 ...
続きを読む
リチウムイオン二次電池 セパレーター:特許総合力ランキング トップ3は、旭化成イーマテ、帝人、パナソニック
 弊社はこのほど、リチウムイオン2次電池に使われるセパレーターについて、参入企業の競合状況に関する調査結果をまとめました。セパレーターは、リチウムイオン電池の正極と負極を分離する働きを持ちます。何らかの原因で電池が発熱して高温状態に達した場合に、リ ...
続きを読む
リチウムイオン二次電池 固体電解質: 特許総合力ランキング トップ3はソニー、サムスンSDI、パナソニック
 弊社はこのほど、リチウムイオン2次電池に使われる固体電解質について、参入企業の競合状況に関する調査結果をまとめました(※1)。固体電解質は、発熱による発火の危険が少ないことから、安全性の高い材料として注目を集めています。また、液状の電解質のように ...
続きを読む
リチウムイオン二次電池 有機電解液: 特許総合力ランキング トップ3は宇部興産、ソニー、三菱化学
 弊社はこのほど、リチウムイオン2次電池に使われる有機電解液について、参入企業の競合状況に関する調査結果をまとめました。有機電解液は、有機溶媒に導電性を与える電解質を溶解したもので、電極間でリチウムイオンをスムーズに移動させる役割を果たします。   ...
続きを読む
リチウムイオン二次電池 合金系負極:特許総合力ランキング トップ3はソニー、パナソニック、三井金属
 弊社はこのほど、負極に合金系材料を用いたリチウムイオン2次電池の技術領域における競合状況について調査した結果をまとめました。合金系のリチウムイオン電池は、電池の大容量化を目的として開発が進められています。負極材料にスズ、ケイ素などを用いることでリ ...
続きを読む
リチウムイオン二次電池 リン酸鉄系正極: 特許総合力ランキング、ソニーが2位以下に大差をつけてトップ
 弊社はこのほど、リン酸化合物系、特にリン酸鉄系リチウムイオン2次電池の技術領域における競合状況について調査した結果をまとめました。リン酸鉄系リチウムイオン2次電池は、出願件数自体はまだ多くありませんが、マンガン系と同様に、希少資源であるコバルトを ...
続きを読む
リチウムイオン二次電池 マンガン系正極: 特許総合力ランキング トップ3はNEC、三洋電機、三菱化学
 弊社はこのほど、マンガン系リチウムイオン2次電池の技術領域における競合状況について調査した結果をまとめました。マンガン系リチウムイオン2次電池は、希少資源であるコバルトを正極材料に使ったリチウムイオン2次電池の代替として注目を集めており、各社が開 ...
続きを読む

特許分析のパテント・リザルト

特許分析のパテント・リザルト TEL:03-5802-6580
特許分析・経営分析関連のつぶやき特許分析・経営分析関連のFacebook

Copyright c Patent Result Co., Ltd.

ISMS